野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

menu

ON_OFF

2019年1月6日(日)

お知らせ

■ 新年あけましておめでとうございます。

 

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 


2018年12月16日(日)

お知らせ, ボーグ裏読み

■ BORG中川氏が退職!!!   忠臣蔵も終わって、いよいよ師走です。P.S.良いお年をお迎えください。

忠臣蔵も終わっていよいよ師走ですね。

昔は12月14日と言えば吉良の首級をあげる吉良邸討ち入りのテレビ番組が定番でしたが、

今はそのような番組も無いので残念でした。

 

 

P.S.

2018年5月31日から殆ど更新の無かったBORGブログですが、

12月14日久しぶりに更新がありました。

内容は12月15日に中川氏が退職されるということです。

 

 

先日、ノートパソコンを買い替えて、今日で何とか使える設定が終わりました。

デスクトップは今年二月に買い替えていましたが、これでどちらもSSDなのでストレス無く立ち上がります。

 

今朝、何日かぶりにカワセミの糞を見に行きましたが、今年はこれまでほとんど見れなかった糞が二本ついていました。

シーズンインのようです。

 

そろそろだろうと思っていたところです。(笑)

 

 

P.S.

今年も有難うございました。

良いお年をお迎えください。

「あら楽し 思ひは晴るる 身も晴るる 浮き世の月に かかる雲なし」(笑)

 


2019年3月18日(月)

ヤマセミ

■ ヤマセミ考

ヤマセミについて考える

一般的に警戒心が強いと言われるヤマセミです。ただ、撮影していてヤマセミはホントに警戒心が強い鳥なのかと思うこともあります。

アオサギなども人が近づくと結構な距離から逃げます。大型の鳥の方が警戒心が強いように思います。やはり大きな鳥の方が目立つからなのでしょう。ヤマセミが特に警戒心が強いということでも無いように思います。

近づける距離はカワセミは30メートルでヤマセミは100メートルなどとネットで見かけますが、100メートルと切りが良すぎるのも?です。個体差もあるでしょうから一律に言うのも?です。

 

ヤマセミの撮影は朝ヤマセミが活動始める前にスタンバイするの普通だと思いますがそれで良いのか。
ヤマセミへのアプローチに何か良い方法はないか。
ヤマセミに警戒されたから来ないのか、それとも撮影してなくてもその日は来ないのか。

ヤマセミについて色々考えたことや覚書をここに追加していきます。

他のカメラマンが居て、途中で撮影ポイントに出入すると他の人の迷惑になるような制約がある。
そんなポイントは除外です。

 

ヤマセミの警戒心

撮影していてヤマセミはカワセミより警戒心が少ないのではないかと思うことも良くある。

ヤマセミは本当に警戒心が強いのか?

何人ものカメラマンのテントが並ぶ光景をネットで見かけますが、そのような状態でヤマセミが人間に気づいて無い訳がないと思われる。それでもそのポイントに来るというのは警戒心が強いと言えるのか。
ヤマセミの縄張りは広く、他にいくらでも魚を捕るポイントがあるだろうに。

止まってすぐはケッケッケと鳴いているが、しばらくすると鳴き止む。

ヤマセミは威嚇してくる。

頭(テント)の上をケケケケとけたたましく飛び回った。

養魚場の人にヤマセミは気の強い鳥だ、ネットに絡まったのを助けてやろうとしたら噛みつきに来ると聞いた。

カワセミもそうだが、よそ見しているとめの前を飛んで行くが、川に注意を払っていると、避けて飛んで行く。

ブラインドで観察していた時、人が近づくと後ろのヤブに隠れた。

ブラインドに入っていると手の届きそうなところに止まったり、飛んで行ったりした。

車をつけると飛び去ったので、すぐにテントを張ったら、すぐに戻って来た。

地元の人にヤマセミはこの辺りには居ない、下流の民家のある辺りに居る。
ヤマセミは山の奥には居ないと言われたことがある。

民家の横に止まっていた。

川に面した民家から川を渡して張ったホースにヤマセミが止まっていた。

 

 

ヤマセミの行動

カワセミはしばらく同じパターンで来ることが多いが、ヤマセミには当てはまらない。

来ない時は、まったく来ないし、周辺にも見当たらない。
まったく違う場所に行っているのではないか。

ヤマセミの縄張り範囲は広いが行動範囲はさほど広くないのではないか。

繁殖期とそれ以外では居場所が違う。

縄張りと言ってもきちっとした線引ができているわけではないだろう。自分の縄張りに侵入してきたものには怒るが、他人の縄張りを守ろうなんて気はない。

2時間じっと止まっていたこともある。その間魚を獲ろうともしなかった。
ヤマセミは一日5〜6匹の魚を食べをると書いてあるのを見たことがあるが、5匹として5時〜19時まで14時間だと4時間に一匹しか食べないことになる。

かなり大きなオイカワを食べているのを見たことがあるが、
ヤマセミの体重は300グラムほど?、一日に体重の何パーセントの重さの食事をするのか。
20パーセントで60グラム。
漁協のアマゴ成魚放流情報に平均50グラムとなっていたら小さいと判断しますが。

体ごと右を向いたり左を向いたりを繰り返す。相方を探している?。

巣から出て来たら水浴びする。

抱卵時も二羽で飛んでいる。
卵は四六時中抱かなくても良いのか?

長く止まっていたヤマセミのオスが飛び立つと対岸の茂みの中からメスが飛び出して一緒に飛んで行った。気配はまったくなかった。気づかなかった。

 

ヤマセミのアプローチのタイミング

ブラインドは必須。

ヤマセミの撮影機材は朝ヤマセミが活動始める前にスタンバイするのが普通。

そもそも定まったポイントで待つ方法が良いのかどうか?

定まったポイントに来るのは巣ごもりしている時だけではないか?

ヤマセミは一度姿を見られるとその日はもう来ない。本当か?。

ヤマセミは朝一番縄張りを巡回する。本当か?。

仮にヤマセミが朝一番縄張りを巡回して、もし人が居ればそこには一日来ないと言うのが正しいなら、見つかって一日中来ないリスクを負うより、朝一番はやめて、人が居ないと思わせてから、すきを見てテントを張る方が良いのではないか。

 


2019年2月17日(日)

未分類

■ 「野鳥写真集・カワセミの写真」他レスポンシブ対応しました。

野鳥写真集・カワセミの写真、ヤマセミの写真レスポンシブ対応しました。

これまでもモバイル用の表示は替えていましたが、野鳥写真集の画像を三種類の大きさを使用し、モバイル用は小さなものに変更しました。

これで読み込みが軽くなると思います。

 

とりあえず、量の多いカワセミとヤマセミを変更しました。

 

 

 


2019年2月5日(火)

イラスト, カワセミ, 野鳥

■ Inkscape カワセミイラスト

Inkscapeというソフトでアマゴを書いてみました。

以前からボーグ機材の線だけの絵をこのソフトで書いていたのですが、魚をカラーで書いてみようと思って始めましたが、機材の線画は簡単ですが、魚を書くにはそんなわけには行かず、となると殆どソフトの使い方を知らないので4日かかりました。

ちょっと尾の付け根がおかしいですが、取り敢えず書けました。

 

次に丸ばかり使って10分で書いたカワセミです。

そのカワセミから3分で書いたメジロです。(笑)

 

カワセミイラスト メジロイラスト


2019年1月10日(木)

AFボーグ, BORG 90FL, カワセミ

■ ボーグ&ペンタックス 抜群の解像感! カワセミ   AFボーグ90FL PENTAX K-3 圧倒的な写りです。

2015年01月20日

 

ボーグ&ペンタックス 抜群の解像感!

AFボーグ90FL PENTAX K-3 カワセミ  圧倒的な写りです。


カワセミの羽毛が細く滑らかに出ます。


丁度陰って条件悪かったですが結構滑らかに羽毛が出ました。

6016×4000ピクセルから等倍トリミング

1224×1836ピクセル
1960×1308ピクセル
2668×4000ピクセル


AFボーグ90FL 換算 1275mm
ISO400

 

カワセミ画像 カワセミ画像

 

 


2019年1月10日(木)

BORG 77EDⅡ

■ 長崎県Kさん BORG、77EDⅡ PENTAX K-5IIs作品 と 「攻略! デジボーグ」のページを大幅更新中

2015年01月19日

 

長崎県Kさんからミサゴとイソヒヨドリの作品をいただきました。


残念ながらイソヒヨドリはドンブリ模様が出てしまったようですが良く写っています。
鳥が良く写っているので立体感も引き立ちます。


ドンブリ模様はどうも羽毛の写る大きさと1画素の大きさとの兼ね合いで出やすい距離がありますね。
RAWで撮っていれば出てしまった場合は解像感は犠牲にしてシャープネスの種別の変更で軽減も可能ですが。


イソヒヨドリはノートリ等倍をファイル容量だけ落とさせて頂きました。
BORG 77EDⅡ PENTAX K-5IIs

先日より  「攻略! デジボーグ」  のページを大幅更新しています。


本日は以下の「ヘリコイド、LMF-1、MMF-1」をアップしました。


「ヘリコイド、LMF-1、MMF-1」

デジボーグでピントを合わす為の大切なパーツです。

ピントは合わすと言うより山を掴むものです。
これは光学ファィンダーであろうが、EVFであろうが同じです。
ピントのピークはそれを行き過ぎて初めて先のところがピークであったことが分かります。

よくEVFでピントが合せ易いとコメントしながらも非常にピントの甘い写真を貼っているのを見かけますが、山を掴んでないからだと思います。

ミニボーグはM57ヘリコイドLⅢのみで近距離までピント合わせができます。ドロチューブの出し入れはほぼ必要ありません。
90FL、89ED、77EDⅡのヘリコイドMではドロチューブの出し入れと併用してピントを合わす感じになります。
LMF-1ですと伸縮幅が75mmありますので、上の表1からBORG77EDⅡならドロチューブを使わなくても 4.5mぐらいまでピントを合わすことができます。鳥の場合、無限に合う必要もないのであらかじめドロチューブを少し引き出して固定しておけば、さらにその分近くまで合焦することができます。
鳥はこちらから近づくと逃げてしまいますが、じっと待っていると案外近くに留まってくれますので最短は大事です。

ヘリコイドのお勧めはM57ヘリコイドLⅢです。
ボーグは本来天体望遠鏡ですから近距離にピントを合わす必要が無いからかヘリコイドの伸縮幅が小さく鳥には不向きです。
M57ヘリコイドLⅢは前後同時に繰り出してきて回転に対して伸縮が大きく、素早くピントを合わせる必要のある野鳥用には適しています。 リング3/4回転で35mm伸縮します。
上の表1をのように35mm伸縮があれば、77EDIIでもヘリコイドのみである程度の範囲のピントが合わせることができます。
鳥はじっくりとピントを合わす事ができるケースを待っていてはなかなか撮影できません。
また、超望遠では仮に鳥が静止してくれても、こちらの振動で揺れてピントが確認し辛い点があります。
ピントを合わすというより、いかに早くピントの山を掴むかが大切です。
ピッチの小さい微動過ぎる伸縮ではこの山が掴み難くなります。飛んでいる鳥にピントを合わすのもそうです。
この点M57ヘリコイドLⅢは程よいピッチで使い易いです。


ヘリコイドの難点は前後の重量で動きが渋くなることです。 また、伸びた状態では多少のたわみは出ます。
私が使用していたマニュアルレンズSMC PENTAX 500mmF4.5もヘリコイドが非常に重くなりました。このような経験があると直進式のヘリコイドの重さによる渋さは当然と言えば当然ののことなのですが、今までインナーフォーカスを使ってこられてこのようなマニュアルレンズを使ったことのない人は戸惑われるかも知れません。


LMF-1、MMF-1の難点は微動が微動過ぎる点です。微動過ぎると山が掴み難いのと鳥の動きについていけません。この点はやはり天体向きです。微動の操作に工夫が必要です。
良い点は粗動の動きが大きいことです。鳥を見つけてファインダに捉える際、また、鳥の遠近の動きに対しての対応がヘリコイドより速くできます。この点は特にAFボーグに向いています。
LMF-1、MMF-1のたわみは非常にしっかりしていて殆ど感じません。
MMF-1についてはチューブが細いため後方にテレコン等が直接接続できないなどの制約がありますので注意してください。

 

イソヒヨドリ ミサゴ

 


■ カワセミの小羽枝感

2015年01月17日

 
本日も90FL、71FL、67FLとご注文を頂きました。

有難うございました。
P.S. お問い合わせのご返信が遅れまして申し訳ございません。
明日はご連絡させていただきます。

 


 

 

先日からアップしている

 

 


 
のページにアップしている「小羽枝感」ですが、その作例をアップするためにピックアップしていっていると意外と小羽枝感が出ているのがカワセミの白い羽毛です。

 

ボーグ&ペンタックスは小羽枝感が写ります。
 
 
 
カワセミ 画像 カワセミ 画像 カワセミ 画像 カワセミ 画像 カワセミ 画像

2019年1月10日(木)

撮影機材

■ AFボーグマウントについて

2015年01月16日

 

今日は和歌山で119円でガソリンを入れました。
和歌山は全国で一番安いようです。

先日お客さんからAFボーグマウントについて

「いろいろ調べているとMFでも[5002]だと露出が暴れるという事例を目にしましたのですがどうなんでしょう?
少し高いですがMF使用だとしても[50021]を購入しておいたほうが無難でしょうか?」

という問い合わせがありました。

ネットにそのようなことが書いてあったのならそれはガセです。

露出が暴れるのは接点の導通の不完全さからおこるものです。
遮断された状態の【5002】でそれはありえません。

もちろんカメラ自体の測光の問題で露出が乱れることはあると思いますが、それは【5002】が原因でおこるものではありません。

ついでにマウントについて少し。


まず、【50021】を使うにしろ【5002】の塗装をはがして使うにしろ金属面と接しないとAFだけでなく、マニュアルフォーカス時もキャッチインフォーカスは使えません。


次にマウントの接点の接触が不安定だと露出にムラが出てしまいます。

マウントの接触が原因によるトラブルは上記露出のムラと撮影中にAFが切れてしまったり、
また、カメラボディを持ってメニュー操作をしようとする時にその傾きによってはレンズの重みで接点部分が浮いてしまってメニュー画面が消えてしまって操作できなくなることがあります。


写真左が現行の【50021】で右が旧製品です。

現行品は塗装の削り方が変わって中心側の塗装が残されています。
塗装を削った部分とは段差ができています。

現行品はAFアダプターのマウント面は塗装部分に接しますので上記のような傾きによる接点の浮きは軽減されます。

ただ、今度は接点部分が鼻から削った段差分浮いている状態になりますので接点が浮いてF値が表示されてしまったりします。
写真でも分かるように現行品は金属面のスレがありません。

一長一短です。


私はメインで使っているのは純正のM42アダプターを使った自作ですが、締りがしっかりしています。

 

BORGパーツ

 


2019年1月10日(木)

AFボーグ, BORG 71FL

■ 鹿児島県Hさん作品 マヒワ と 「解像力の見分け方」のページを更新しました。

2015年01月15日

 

鹿児島県Hさんからマヒワの作品を頂きました。

いつも良く写されています。


デジボーグ71FL+FAF1.7+K-3
当方で縮小


本日も「解像力の見分け方」に追加項目をアップしました。


「大きく写った画像の羽毛は写ってあたり前、その写り方が問題」

鳥を近くから写せば当然ですが大きく写ります。
鳥が大きく写ると当然羽毛も大きく写ります。
羽毛が大きく写ると一本一本の見分けはつきます。

ただ、大きく写ると単に羽毛も大きく写るというのではなく、より細部が写らないといけません。
その写り方が問題です。

上の「小羽枝感」のように鳥が近距離から大きく写った画像では小羽枝が写ります。

また、下にで説明しますように簡単に写り易い部分と解像し難い部分があります。

ネットで大きく写っただけで細かい部分の皆目写ってない甘い画像を絶賛していることもよく見かけます。
やはり自身で見極めることが大切です。

よく 「近くはそこそこ解像するが、遠くは写らない」と言う方が居ます。
これは上記のように近くの羽毛は多少甘くてもある程度は写るので解像したと勘違いしているだけで実は十分写せていないのだと思います。

近くで小羽枝の出てない写り程度の撮り方で遠くを撮れば、鳥全体がべたーっと写ってないと感じる画像になるのだと思います。

仮定の話しですが、5メートルの距離で一本の羽毛の太さが3画素で表現されているとすれば、15メートル離れると一本の羽毛を1画素で表現することになります。 1画素分ブレたとしても5メートルなら羽毛はなんとか識別できるでしょうが、15メートルで1画素分ブレるとベターっと甘い絵になると思います。

 

マヒワ マヒワ

 


2019年1月10日(木)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ 「解像力の見分け方」のページを更新しました。

2015年01月14日

 

HPアクセス高止まりしています。
有難うございます。


「解像力の見分け方」に次の項目をアップしました。

作例は順次アップしていきます。


   「小羽枝感」


一枚の羽の構造は真ん中の太い羽軸、その両側に羽枝が並び葉っぱのような形になり、そして羽枝にはさらに細かい小羽枝が並んでいます。

通常野鳥写真で羽毛と言うのは羽枝の部分です。

小羽枝は非常に細かい羽毛ですので完全に写すことは出来ませんが、鳥がある程度の大きさに写る距離であれば小羽枝が確認できる程度には写ります。

ただ小羽枝はなかなか写りません。小羽枝が透けて羽枝だけの細い一本の羽毛に見えたり、羽枝と小羽枝で太い一本に見えたりします。

しかし、カメラの画素数も大きく増えた今では距離によってはある程度の小羽枝感も出ないと解像したとは言えないでしょう。


今日の写真

AFボーグ71FL 換算1020mm  PENTAX K-3  ジョウビタキ

等倍トリミング

 

ジョウビタキ

ジョウビタキ


2019年1月10日(木)

BORG 90FL, 野鳥

■ デジボーグ90FL ジョウビタキ

2015年01月13日

 

先月の25日の90FLのジョウビタキと同じ時の写真です。
あの写真は頭部のピントはかなりずれていました。


ノートリ縮小の写真とまずまず写った部分の等倍トリミングです。


これからはこういう画像や写りの悪かった写真も紹介していきます。

1.ノートリ1/2縮小

2.(1)の等倍トリミング
  目の周りの羽毛が良く写りました。

3.(1)の等倍トリミング
  小羽枝感がまずまず出た部分です。

4.ノートリ1/2縮小

5.(4)の等倍トリミング
  ジョウビタキの体勢やカメラの角度によりますが、この場合は胸の上部のピントを狙えば全体的にバランス良さそうです。

 

ジョウビタキ ジョウビタキ ジョウビタキ ジョウビタキ ジョウビタキ