野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

menu

ON_OFF

2011年7月31日(日)

AFボーグ, BORG 50FL, 野鳥

■ コムクドリ AFボーグ50FL

コムクドリが居ました。

大きさが中途半端に感じてボーグで撮ってみるとどうもコムクドリのよう。
三羽見ました。
こんな時期に大阪に居るのですね。

コムクドリ AFボーグ50FL トリミング縮小

ツバメ 50FL トリミング縮小

 

ツバメ飛翔写真

コムクドリ ツバメ飛翔写真


2011年7月30日(土)

AFボーグ, BORG 50FL, 野鳥

■ 愛知県 I さん AFボーグ50FL作品

愛知県 I さん からAFボーグ50FL K-5の作品いただきました。
50FLや45EDⅡはこういう被写体に良いですね。

************************************************
愛知県 I さん

前回はいろいろ教えていただきありがとうございました。
クローズアップレンズを装着したらAFの動作が見違えました。
おかげで今までマニュアルでのピント調整ではとても撮れないような
飛び物の撮影ができるようになり自分の中では段違いです♪
50FL+クローズアップレンズNO4で撮った写真を添付します。

焦点距離が短くなるのは残念ですがそれだけの価値を感じてます^^
教えていただいていなければあのまま使用していました^^;
ありがとうございました。
************************************************


2011年7月29日(金)

BORG 50FL, 野鳥

■ 画面の解像度

みなさんパソコンのモニターはどのような解像度をご利用でしょうか。

ブログリンクの「喜傳」さんがパソコンを新調されたようです。

モニターは21.5インチ (1,920×1,080)

私もこの解像度です。
ノートも使っていますが、写真はやはり大きいモニターが良いですね。

すべて解析できているわけではありませんが、
アクセス解析をみると「釣り」の方は1024×も多いのですが、野鳥関連のページでは10パーセントもなく、1920×が20パーセント近くあります。
1500×以上がかなりの割合を占めます。

やはり写真目的でパソコンを使用している方は大きめのモニターを使っているのでしょうね。




ツバメ飛翔写真 デジボーグ50FL ペンタックス K-5

1、ノートリ縮小
2、トリミング縮小

 

ツバメ飛翔写真
ツバメ飛翔写真 ツバメ飛翔写真


2011年7月27日(水)

AFボーグ, BORG 50FL, 野鳥

■ ツバメの飛翔中の瞬膜 50FL

ピントがあまい写真ですが、ツバメの飛翔中の瞬膜の閉じているところが写ったようです・・・・・だと思う。一枚目。

二枚目は閉じていない時の目です。

等倍トリミング

 

ツバメ飛翔写真
ツバメ飛翔写真 ツバメ飛翔写真


2011年7月26日(火)

BORG 50FL, 野鳥

■ デジボーグ50FL ツバメ飛翔写真

結局50FL短縮に戻して撮影です。
子供のツバメもどんどん上達しているようです。
今日は二時間頑張りました。

ISO800で1/2500

雲が多く陰りがちでしたが、照った時は腹が白とびしたものもありました。

ノートリ縮小

 

ツバメ飛翔写真
ツバメ飛翔写真 ツバメ飛翔写真


2011年7月25日(月)

BORG 45EDⅡ, 野鳥

■ 45EDⅡ ツバメの幼鳥

昨日、よちよち飛ぶ子が二羽デビューしています。
スピードがまったく違います。

二枚目はその前日の23日に撮ったもの(50FL)で雄の成鳥だと思います。
スピードが強烈に速いのとツバメ返しが多いので難儀しました。
ISO640でSS1/2000に設定したのですが、23日の距離では被写体ブレの写真が目立ちました。

そこで24日はISO800にしてSS1/3200に変えました。
が、幼鳥が出てきてくれたので1/1000切っても大丈夫だと思います。

今日も天候はイマイチでしたが行ってみました。
どうもさらに子供が増えたようです。

今がチャンスです。

一枚目は昨日の45EDⅡでの写真。
両端の尾羽が短いです。
ノートリ縮小

 

ツバメ飛翔写真
ツバメ飛翔写真 ツバメ飛翔写真


2011年7月24日(日)

BORG 45EDⅡ, 野鳥

■ ミニボーグ45EDⅡ ツバメの飛翔写真

今日は45EDⅡを230mmぐらいに短縮して撮影。
これなら翼を広げても何とか入る大きさです。
横からだと二枚目の大きさに写ります。

近距離になると少しの大きさの違いで歩留まりが大きく変わってきます。
昨日と比べてかなり撮れました。

 

ツバメ飛翔写真
ツバメ飛翔写真 ツバメ飛翔写真


2011年7月23日(土)

BORG 50FL, 野鳥

■ これを撮りたいのですが、ちょっと無理?

久々の撮影です。

50FLをACレンズで焦点短縮しているのですが、近すぎです。
小屋があって日陰になるのでその前で撮っているのですが、近すぎです。

ツバメは翼開長:32cm と言うことですが、これでは入りきりません。

45EDⅡで仕切り直しです。

ツバメ飛翔写真
ツバメ飛翔写真 ツバメ飛翔写真


2011年7月22日(金)

BORG 50FL, 野鳥

■ 50FL PENTAX K-5 ツバメの飛翔写真

今日もまだお天気が悪いです。

私はカワセミのブラインドの窓が横型なので、照準器はファィンダーと同じ高さの横に付けています。
また、目に近い方が広い範囲が見えてカワセミがどっちへ飛んだか分かり易いのでボディに付けています。

この位置に付けると手持ちで小鳥を追いかける時にファインダーと照準器を両目で見れるので便利なんです。
K20Dの時に作ったので今はボディが小さくなって少し高さがずれてしまって見難くなってしまったのですが。


ツバメを5メートルぐらいから撮る場合、照準器はかなり正確に合わせないといけません。
また、照準器が目から近く広い範囲が見えると誤差が大きくなりますので少し前側に付けた方が良さそうです。
50FLの鏡筒に付けた方が効率が良くなりました。

実際にはツバメが少し遠いと思った場合は両手を伸ばしてツバメを追っています。
それが案外見やすいのでレンズの先端に付ける方が良いかも知れませんね。

1/2縮小トリミング

 

ツバメ飛翔写真
ツバメ飛翔写真 ツバメ飛翔写真


2011年7月21日(木)

BORG 50FL, 野鳥

■ 50FL PENTAX K-5 ツバメの飛翔写真

今日も台風一過とはいかず、どんよりした天気でした。

ツバメの在庫もだんだんとピントの良いものは少なくなってきました。

今日の写真はかなりピントの甘いものを1024ピクセルに縮小しました。
これぐらいの大きさに縮小する場合ですと、縮小時に少しきつめのシャープ処理をするとそれなりの解像感になります。
好みは分かれますがもう少し本格的にレタッチしても大丈夫かもしれません。
Web用なら大丈夫だと思います。

1.等倍切り出し
2.1024に縮小

 

ツバメ飛翔写真
ツバメ飛翔写真 ツバメ飛翔写真