「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

menu

ON_OFF

■ ライトルーム クラシック 新しいマスク

Adobe Lightroom Classicに新しいマスクが追加されています。「人物」「オブジェクト」「背景」という新しい選択方法です。

このうち「人物の選択」は野鳥には関係ないですが、「背景の選択」と「オブジェクトの選択」は使えそうです。

 

新ライトルームクラシックのマスクのメニューは次の画像です。下のカワセミの画像を開いているので「人物は見つかりませんでした」と表示されています。賢いです。

Adobe Lightroom Classic

 

マスクやプリセットなどはこれまであまり使っていないので確かなことは分かりませんが、選択の精度もよくなっているように思います。
次のような同じ止まり木にカワセミとまった写真が沢山あるのですが、「被写体を選択」すると下の写真のように止まり木の手前の部分はマスクされてカワセミより向こう側はマスクされていません。「空を選択」してもその次の今回新しく追加された「背景を選択」のようなマスク(被写体を選択の逆)になってしまい、手作業で修正しなければ使えませんでした。
しかし、現在の「空を選択」を適用すると綺麗にカワセミと止まり木以外を選択してくれています。(若干の被りはありますが)
これを反転すれば被写体もうまく選択できます。

「オブジェクトの選択」もかなり良さそうでカワセミのみ選択するのに使えそうです。


カワセミ画像

 

「被写体を選択」
カワセミ画像

 

「背景を選択」
カワセミ画像

 

「空を選択」
カワセミ画像

 

 

 

 

 

 

■ ライトルーム クラシック プリセットが凄い!

Adobe Lightroom Classic、さほど使いこなしているわけでもなく、また頻繁に使っているわけではないので、以前のバージョンがどうだったかとかは、細かいとこまでは分かりません。

しかし今回、プリセットを試して驚きました。前バージョンでも少し弄っていたので今回のバージョンアップではないかと思いますが、プリセットを使ってみてビックリします。

マスクに「被写体を選択」や「空を選択」の精度が上がっているのだと思いますが、「背景を選択」も追加されているようです。

そのためかと思いますが、プリセットのメニューに「アクティブ:空」「アクティブ:被写体」という項目が追加されています。

とりあえず試した「アクティブ:空」が素晴らしいので適用した画像をアップします。「アクティブ:被写体」は「アクティブ:空」の反対かと思うのですが、そうでもないようで、真逆ではないようです。この辺りは次回アップしたいと思いますが、今回は「アクティブ:空」の6種類のプリセットを使った画像をアップします。

カワセミと止まり木以外は「空」と認識されているようで、見事に背景のみの色合いが変わっています。

 

写真は一枚目のカワセミ画像に「アクティブ:空」の下記プリセット適用した画像です。
サンセット
ストームクラウド
ダークドラマ
ネオントロピックス
ブルードラマ
日の出
の順です。

 

 

■ ライトルーム クラシック アップデート 凄い!

最近また、Adobe Lightroom Classic のアップデートがあったようで、これまた凄い!

しばらくはPython、でWebp形式画像や複数サイズに一括縮小するための画像縮小のアプリを作ってみたりとかで、ライトルームクラシックは使っていませんでしたが、昨年末ごろのアップデートで何か変わったかは気になっていました。

それで久々に使ってみましたが、まず、マスク関係が変わっていることにビックリ!、メニューが変わっているではないですか!!
えっ、また、変わったんかと少し弄って画像を書き出してみて、何気なくファイルサイズを見てみると目を疑うほど小さい!!!

よく見てみると画像の書き出し保存のクォリティのデフォルトが60%になっているようです。
実はこれまでこのクォリティがデフォルトでどうなっていたかは知らないのですが、見た感じでは、画質が悪いとは感じないので70%、80%で書き出して比較してみました。しかし、画像の品質の差はほぼわからないので、しばらく60%で使ってみようと思います。

 

 

 

■ フォトショップで野鳥写真を次世代画像フォーマットWebPに一括変換

フォトショップで野鳥写真画像を次世代画像フォーマットWebP(ウェッピー)」にまとめて一括変換

フォトショップでJPEG画像を次世代画像フォーマット「WebP」に一括変換する簡単なスクリプトを作りました。
実は先日からホームページに掲載している画像のフォーマットを、JPEGから次世代画像フォーマットと言われる「WebP」に変更しています。

今回の画像形式の変更はフリーのソフトで変換したのですが、元々画質をかなり落として三種類のサイズに縮小してウェブページにアップロードしてあったJPEG画像をWebP画像に変換したので、かなり画質が低下しているだろうからいずれ元画像からやり直したいと思い、その再に柔軟に対応し易いようフォトショップでアクションやスクリプトを作成することにしました。フォトショップのスクリプトやアクションとはエクセルのマクロみたいなものでフォトショップの操作を自動化できるものです。

以前からフォトショップでJPEG画像を複数サイズにリサイズするスクリプトも作っていましたので、複数サイズのWebP画像にリサイズするスクリプトも作ろうと思っていますが、覚え書きの意味もあってまずは段階的に追加して行きたいと思います。

フォトショップ使用が前提ですが、よろしければ自己責任でご利用ください。

画像フォーマット「WebP」(ウェッピー)とは

WebP(ウェッピー)とは、Googleが開発した静止画像フォーマットのことで、拡張子は「.webp」です。画像のフォーマットにはJPEG、PING、GIF、TIFFなどありますが、写真画像の場合はJPEG形式が一般的です。

WebP(ウェッピー)は次世代画像フォーマットと言われ、JPEGやPNGに比べてファイルサイズが軽く、ウェブページの読み込み時間が短縮され、Webサイトの表示速度が改善されます。

ただ、WebPは2010年に発表され、Google Chromeに搭載されていましたが、他のブラウザでは表示できないため、普及が進みませんでした。しかし、2018年にPCの主要ブラウザであるFirefoxとMicrosoft EdgeがWebPに対応し、2020年にAppleのiOS14も対応することになり、現在はほぼ全てのブラウザで表示できるようになりました。
ブラウザ以外のソフトでは、私の場合、画像を閲覧する画像ビューアーは「IrfanView」を使っていますが、WebP画像の閲覧や保存にも対応しています。

フォトショップも少し前にWebP(ウェッピー)に対応しましたが、ライトルームクラシックは対応していません。ですからライトルームクラシックで現像したものを直接WebP形式で保存することはできません。ライトルームクラシックからフォトショップに移動してWebP形式で書き出すことは出来ますが、大量の画像を処理するには向かないと思います。実用的にはライトルームクラシックでJPEG書き出ししてWebP形式に変換するのが良いかと。

あと、私が使っている画像関係のソフトでは、リサイズソフト「藤 -Resizer- v3.8.0a」、ノイズ除去ソフト「Neat Image」は対応していません。また、「JPEGファイル切り出しプログラム buff」、これは当然のことながら対応していません。
まあ、これらの代わりはフォトショップで出来るので「IrfanView」が使えれば問題ありません。

WebPの特長やメリット

WebPの特長

画像品質を保ちつつファイルサイズを小さくできる
1670万色以上が使えるので写真も大丈夫。
透過やアニメーションにも対応。
JPEG形式は非可逆圧縮のみですが、WebP形式は非可逆圧縮/可逆圧縮どちらも使えます。
非可逆圧縮にする方が軽くなります。

WebPの長所

Webサイト表示にWebp形式を利用することで、さまざまなメリットが得られます。
PNGよりも約26%、JPEGよりも25~34%軽量。
SEO的に有利になる。
ページスピードの改善。
ユーザーエクスペリエンスの向上。
これまでは透過はPINGかGIF、アニメーションはGIFと限定されていたものが、WebP一つで対応できます。
非可逆圧縮時もアルファチャンネルに対応。

WebPの短所

対応していない画像関連ソフトがあること。
可逆圧縮なのか非可逆圧縮なのかが判断できない。

ところで野鳥のブログ運営されている方は画像のフォーマットは何をご利用でしょうか。
写真画像で一般的に使われているのはやはりJPEG形式です。
ネットで野鳥撮影の画像をアップされているサイトの画像のファイル形式をみても、やはり殆どJPEG形式です。
ブログサービスによってはWebPを使っているサイトも多いようですが、まだ、殆どJPEG形式のようです。

最近のウェブサイトの閲覧はモバイルが主体となっていますので、ページスピードが重要視されています。その対策として画像ファイルを軽くすることで表示スピードを早くするという方策がとられます。そうすることでユーザーエクスペリエンスの向上や離脱率の低下が期待できるわけです。
野鳥写真を掲載するウェブページの場合やはり写真がメインなので、画像ファイルサイズが大きくなりがちです。私などは「なりがち」なんてものではありませんが。
グーグルの「ページスピードインサイト」で計測しても、次世代画像フォーマットの使用を推奨されます。

ということで今回はこれまでにアップしている画像をJPEG形式からWebP形式に変更したわけですが、まずはフォトショップでJPEG画像をWebP形式に一括変換するスクリプトを掲載しました。画像サイズはそのままで縮小されません。
スクリプトのソースは以下の通りで何とか動いていますが、WebPの保存オプションオブジェクトというのが分からないので、本来の正解はわかりません。
まずはWebP形式に変換して保存するスクリプトを作成しました。ファイルの拡張子は.jsxです。


//JPEG→WebP一括変換スクリプト、縮小なし

var str=app.activeDocument.name;
str2 = str.replace( ".jpg","" );

//フォルダ作成
foldername = "C:\\Users\\ユーザー名\\Desktop\\WebP変換";
folderObj = new Folder(foldername);
folderObj.create();

var idsave = charIDToTypeID( "save" );
var desc10 = new ActionDescriptor();
var idAs = charIDToTypeID( "As  " );
var desc11 = new ActionDescriptor();
var idQlty = charIDToTypeID( "Qlty" );
//画質
desc11.putInteger( idQlty, 30 );
var idWebPFormat = stringIDToTypeID( "WebPFormat" );
desc10.putObject( idAs, idWebPFormat, desc11 );
var idIn = charIDToTypeID( "In  " );

desc10.putPath( idIn, new File( "/C/Users/ユーザー名/Desktop/WebP変換/" + str2 + ".webp" ) );

//セーブ
executeAction( idsave, desc10 );

//画像を閉じる
activeDocument.close(SaveOptions.DONOTSAVECHANGES);

フォトショップ スクリプト画面

以上で作成したスクリプトをフォトショップのスクリプトフォルダに入れます。そうするとスクリプトメニューの一覧の中に作成したスクリプトが表示されるようになり選択できるようになります。

フォトショップ アクション画面

次にそのスクリプトをアクションに登録します。

フォトショップ アクション画面

アクションの登録はアクション名を設定して、新規で登録します

フォトショップ ドロップレット画面

次はそのアクションをドロップレットでドラッグアンドドロップ使えるようアイコン作ります

フォトショップ ドロップレット画面

「開くコマンドを無視」リチェック

フォトショップ ドロップレットアイコン画面

デスクトップにアイコンが作成されます。

使い方はデスクトップに作成されたアイコンにJPEG画像(複数可)をドラッグアンドドロップします。
次にフォトショップが起動し、画像の読み込み、WebP変換保存を繰り返し、デスクトップに「WebP変換」というフォルダが作成され、そこにWebP画像を保存します。
今後縮小などスクリプトやアクションで自動化したものなど掲載して行く予定です。

2015年3月26日(木)

カワセミ写真画像, 現像比較

■ 「ボーグ&ペンタックス 抜群の解像感!」のページにK-3の画像を追加しました。

「ボーグ&ペンタックス 抜群の解像感!」  のページのK-3の画像を追加しました。

 

和歌山県 Kさんから頂いたカワセミの写真です。

Lightroomで現像されたものですが、RAWファイルも送っていただきましたので、私のK-3でカメラ内現像しました。

 


一枚目は縮小したノートリの画像です。
二枚目は頂いたLightroomで現像した画像の等倍トリミング。
三枚目はK-3ボディ内で現像した画像(JPEG撮りと同じ)の等倍トリミング。

 

丁度ドンブリ模様の出やすい大きさですが、
やはりK-3はJPEGの解像感が良いです。

 

 

BORGで撮影した野鳥・カワセミの写真画像 BORGで撮影した野鳥・カワセミの写真画像BORGで撮影した野鳥・カワセミの写真画像

2013年1月24日(木)

現像比較

■ 福岡県 Hさん Lightroom 4の使用感

本日はBORG89EDを発売日に合わせて発送です。

今日は八時前にこちらから荷物を引き取りに行ってきました。

無事発送しメールのご連絡も完了しました。
ありがとうございました。







福岡県 HさんからLightroom 4の使用の感想をいただきました。


等倍トリミングです。
AFボーグ71FL PENTAX K-5IIs。


Lightroom 4 K-5IIsのPEF使えるようになっています。
私ももう切り替えていますがDNGとあまりファイルサイズ変わりないような。



——————————————————————–
Hさん

先日はLRのPDFありがとうございました。
早速購入して(試用期限切れでした)みました。

いやーいいですね。
k-5ⅡSのシャープネスを再現できる感じです。

しかもマスクを使えるので全体にかけなくて済むというか
すばらしいです。(マスクはまだうまく出来ないのですが)
・・・ではどうしても・・・なっていたのが、
良い具合になってきました。

先日のヒレンジャクの木に行ってみると
ヒレンジャクはいなくてモズとヒヨ、ツグミがいました
近くで撮れたのでLR4で現像してみました。
以前撮っていたノビタキも再現像してみました。

大きな画像だとあれなんで等倍クロップしたものを
添付いたします。


——————————————————————–


AFボーグ BORG71FLで撮影した野鳥・ヒヨドリの写真画像 AFボーグ BORG71FLで撮影した野鳥・モズの写真画像 AFボーグ BORG71FLで撮影した野鳥・ノビタキの写真画像

, ,

2013年1月7日(月)

現像比較

■ AFボーグ BORG71FL撮影ルリビタキ等倍 と オリンパスの現像比較

年末に通っていたルリビタキのポイントで昨日初撮りしました。
昨日はすぐ前に降りてくれました。

AFボーグ71FL 換算1020mm
PENTAX K-5IIs

等倍。




以前より何人かのお客さんからオリンパスOM-D E-M5の解像感はイマイチとお聞きしていたのですが、今回もOM-Dをお使いのお客さんとの解像感に関してのやり取りでRAWファイルを送っていただいて当方でLightroom 4で現像して比較したところかなり差が出ましたのでご了解を得てブログにアップさせていただきました。

一枚目はJPEG撮り。
二枚目はOLYMPUS Viewer 2でもシャープは2にし、ノイズリダクションは
OFF。
三枚目がLightroom 4で現像です。


等倍でトリミングしています。

丁度E-PL1sのお客さんからも解像感のお問い合わせをいただきましたので当方で現像してみるとやはり差が出ました。



Lightroom 4の現像手順のPDFは出来上がっています。

    こちら。


AFボーグ BORG71FLで撮影した野鳥・ルリビタキの写真画像 AFボーグ BORG71FLで撮影した野鳥・ルリビタキの写真画像 スズメ スズメ スズメ

2012年8月28日(火)

現像比較

■ PENTAX K-5 エクストラシャープネス VS Lightroom 4

シャープネスの設定の仕方が違うので比較が難しいですが、カワセミの背中のブルーの羽毛の束になった部分を見ると違いが出ているようです。

1、3、Lightroom 4

2、4、PENTAX K-5 エクストラシャープネス 

今日のエクストラシャープネスは2にしています。

どちらも良い勝負ですが、エクストラシャープネスのないK-rならハッキリ差が出ると思います。


等倍トリミング

カワセミの写真画像 カワセミの写真画像 カワセミの写真画像 カワセミの写真画像