野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2011年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

menu

ON_OFF

2011年6月29日(水)

AFボーグ, BORG 50FL

■ AFボーグ50FL

今日はすっきり晴れたので比較のためのいつもの屋根の撮影。

AFボーグ50FLで換算700mmぐらいになっている写真です。
ペンタックス K-5。

二枚目はついでにクローズアップレンズの記念撮影。

 


2011年6月28日(火)

AFボーグ, BORG 50FL, 野鳥

■ AFボーグ50FL PENTAX K-5

私は元々125SD、101ED、45EDⅡユーザーです。
45EDⅡはやはり焦点距離の関係で使用機会は少なかったです。(77と60は去年の6月ごろから初めて使っています。)
そして去年7月に71FLが発売され、新製品でもあり、また扱いやすさから71を持って出かけることが多くなりました。

71を多く使うようになってそれまでと変わった点は車の窓から撮ることが多くなりました。
もちろん市街地では無理ですが山道などをゆっくり進むと結構鳥にが居ます。
そんな時に71などはすぐに対応できるので撮影チャンスが増えます。
機動力がまったく違います。
車からだと鳥も逃げません。

少し前にちょっと覗いた信州の野鳥公園でキビタキなどを狙って大砲を担いだ人が何人も居るのを見ましたが、
どう見ても効率が悪そうに見えます。
餌付けの前に大砲が並ぶのも分かるような気がします。

50FLをご購入いただいている方は77ユーザーの方が多いです。
三脚を使っての望遠は77に任せて、50FLで手軽に手持ち。
いつも車に積んでおけばシャッターチャンスはグンと増えると思います。
77ED2と50FL、良い相棒だと思います。


AFボーグ50FL PENTAX K-5 スズメ

 

スズメ スズメ


2011年6月27日(月)

AFボーグ, BORG 50FL, 野鳥

■ AFボーグ50FL

50FLは先日の大阪のAさんの感想でもありましたが、コントラストがいいです。
コントラストだけでなく発色が良いので余計にそう感じるのかも知れません。

1、2枚目はJPEG撮影縮小のみ
3枚目は原寸です。

 

カモ カモ カモ


2011年6月24日(金)

BORG 50FL

■ 50FL始動!

早速50FLの感想や、プログに作例がアップされています。


大阪Aさんからの感想です。
*******************************************************
「今日は晴れていますので早朝、「77EDII」と「50FL」の撮りくらべをしてみましたが、解像度はほぼ互角ですが
色収差の少なさやコントラストでは「50FL」が上回ってました。
「50FL」は軽くて性能が抜群で満足していますが、贅沢な悩みとして見た目が「オモチャレンズ」に見えてしまうことです。(笑)
迷彩テープを巻いて対処しています。」
*******************************************************
実は私も同じようなことで心配な点がありました。
口径50mmF8ということでボーグを知らない人からはバッタもんのレンズと同じように思われるのではないかという心配です。
しかし私自身300mmズームや400mm単焦点、少しでも口径を大きくと考えて500mmは4.5などを使っていたのは何だったんだと思うほど解像力も使い易さもあります。


リンクのご紹介です。

大分県 Eさんのブログです。
50FLをご購入いただき早速写真をアップされています。
71の作例もあります。77もあるはず。

     「フィトンチッドの森」


大阪Kさん。先日77ED2のご購入から、あいにくのお天気でしたが昨日今日のチャンスに早速撮影されています。

     「喜びを伝える~喜傳」


71FL、60EDユーザーの愛知県Yさんです。
ご購入いただいてから何度かメールをいただいています。

     「窓から来るもの(番外)野鳥と共に」



写真はAFボーグ50FL ペンタックス K-r
等倍切り出し画像です。

 

ツバメ ツバメ ツバメ


2011年6月22日(水)

BORG 50FL, 野鳥

■ 50FL入荷!

ミニボーグ50FL入荷しました。

思っていたよりもたくさんのご予約をいただきありがとうございました。
私自身も使ってみて思っていた以上に良かったです。
明日発売です。

今日もツバメを撮って来ました。
昨日より明るい状況でISO400と640。
ペンタックス K-r AFです。

 

ツバメ ツバメ ツバメ


2011年6月20日(月)

BORG 50FL

■ ミニボーグ50FL+PENTAX K-r 軽いです。

ミニボーグ50FL+PENTAX K-r 
これで1450グラムほどです。

↑  間違いました。1250ク゜ラムです。

軽いです。

片手でスーッと先端が上がります。


2011年6月19日(日)

BORG 50FL, 野鳥

■ ミニボーグ50FL ISO100

ミニボーグ50FL E-3で昨日と同じ年末年始に試用した時のものです。
手持ちです。

スズメはISO400 SS1/640  露出補正 +0.3ステップ
マヒワはISO100 SS1/320  露出補正 +0.3ステップ

口径50mmで暗い感じもしますが、シャッタースピードは大して問題ないと思います。
たとえば暗い条件でSSが1/30などの場合、仮にF4のレンズでも1/120です。
大きなマイナス点ではないと思います。
さらにボーグの実効F値の明るさを考えれば尚更です。

一番の問題はピント合わせです。
さすがに71FLと比べるとピントの山は掴み難いです。
しかし鳥がある程度停止すれば、基本どおり山を行ったり来たりすれば合わせられます。
望遠でのピントの見づらさはブレて分からないことの方が大きいので、ヘリコイド操作時の安定した持ち方など工夫すればカバーできます。
逆に昨日のカモメの飛んでいるところなどは合わせやすかったです。

 

スズメ マヒワ


2011年6月18日(土)

BORG 50FL, 野鳥

■ ミニボーグ50FL

これは以前もアップした年末年始にミニボーグ50FL E-3で写した時のものですが、
ISO400で一枚目はSS1/1600、その他は1/1250です。
50FLは口径50mm 焦点距離400mm F8ですが、
F8でも案外シャッタースピードは出ます。
画像はさわっていません。

 

カモメカモメ カモメ カモメ


2011年6月17日(金)

BORG 50FL, 野鳥

■ 今年の夏は50FLでツバメ

ミニボーグ50FLの価格が発表になりました。
当店でも予約受付中です。こちらから。

価格的にはAセットがお勧めですね。
対物レンズとテレコンセットは高いなと思いましたが、Aセットについては頑張ってくれたのだと思います。
K-rクラスのボディとなら10万円少しで高解像望遠撮影を始められます。

ミニボーグ50FL + ペンタックス K-5 置きピン でツバメの飛翔を写しました。

去年の夏の終わり頃ツバメを写したポイントはまだ虫が少ないようでツバメは池の上を飛んでいます。
最近、別の場所でツバメが多いポイントを見つけていたのですが、今日の昼ごろから久々に日が差しましたので少し撮ってみました。

撮影時間は13分。
約800枚撮りました。
太陽が逆光ぎみになる時間なので土手の上から撮影しました。
この距離ですとこの13分の撮影で50枚ぐらいはそこそこピントが合っています。
上からの撮影ですので背景がうるさいものが多くなりましたが。

ツバメが多く飛び交っていることが必要ですが、そういうポイントを見つければ案外簡単に撮れて面白い被写体です。ただしレンズは50FLの場合。(笑)

 

ツバメ ツバメ ツバメ ツバメ ツバメ


2011年6月15日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ AFボーグ71FL

昨日71FLをお届けしたお客さんから午後に撮影した初撮影の写真を送っていただき、安心しました。

いくらレンズの解像力が良くても撮ってなんぼですから、
少しでも満足できる写真を撮ってもらえるようご協力できないかものかと思っています。

 

カモ