野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2012年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

menu

ON_OFF

2012年4月28日(土)

BORG 101ED

■ 旧101ED光軸調整装置

旧101EDの対物レンズです。
 
もう随分出番がありません。
久しぶりに取り出しましたのでレンズの写真を。

光軸のずれやすかった? 旧101EDですが、101EDは光軸調整装置が付いています。
写真の白い丸い部分の上にビスがあります。
 
このビスがこの反対側と左右に四つあります。

写真のように六角レンチ2本で押し引きします。
片方を締め、片方を緩めます。
 
101EDのレンズは2群2枚です。

四つのビスを操作してその2枚のレンズの前側のレンズをこの写真で言うと前後左右に動かして後側のレンズと軸を合わせます。
 

メーカー光軸調整説明
 

 

鏡筒のたわみは野鳥の場合余程でないと影響はないですが
光軸がずれるとどう頑張ってもピントが合いません。


 私が125SDで先日のようなカワセミのドアップを撮る時のたわみはかなりのものだと思います。
それでもそれが先日の写真にどれほど影響がでているのか。
また一度そのような現場での機材の写真もアップしたいと思います。



2012年4月27日(金)

BORG 50FL, 野鳥

■ ミニボーグ50FL コシアカツバメ

コシアカツバメ

初めて撮りました。
きれいなツバメですね。

トリミングです。



鳩も写してみました。
胴をねらっているのでほぼ真ん中に入っているのですが羽が切れてしまいました。

何でも飛んでいるものを撮ってみるのも面白いですね。



ミニボーグ50FL k-5

 

コシアカツバメ


2012年4月26日(木)

BORG 50FL, 野鳥

■ ミニボーグ50FL ツバメの飛翔写真

昨日撮影したツバメの飛翔写真です。

早朝から125SDで二時間ほどカワセミを撮影した後、場所替えして撮影です。

5月号の雑誌BIRDERの特集記事がツバメです。
「飛んでるツバメをかっこよく撮る」というページもあります。


ツパメは数も多い身近な鳥です。
今まであまり撮影の対象にはならなかったのかと思いますが、
このツバメの飛翔シーンの撮影は面白い撮影対象です。
数が多いからこのようなトビモノも撮れる確立が高いのです。

珍しい鳥を狙うのも良いですが、
カワセミとツバメを対象にすれば近郊で年中楽しめます。
今年の冬鳥の少なさでしみじみ実感しました。

このような撮影はフィルム撮影ではこんなことはやってられませんが、
デジタルだからこそ撮影できる被写体です。
撮影をゲーム的に楽しめる面白い被写体です。

また、この撮影には50FLや45ED2の軽量小口径が向いています。
この小口径で大口径をあっと言わせる作品を狙われてはいかがでしょうか。




写真は丁度良い位置に入ってくれました。
ノートリです。

イワツバメ イワツバメ


2012年4月25日(水)

BORG 125SD, カワセミ

■ BORG125SD+7214テレコン PENTAX K-01 カワセミ

BORG125SD+7214テレコン PENTAX K-01

ミラーショックのない K-01ですが、やはりその点は実感できます。
ブレへの対処が大変な125SDですが、
125SDのように長い焦点距離の方が効果も分かり易いようです。

今日はレリーズ使いました。

等倍、1/2に縮小の順です。


カワセミ カワセミ カワセミ カワセミ カワセミ カワセミ


2012年4月24日(火)

BORG 71FL, カワセミ, 野鳥

■ 昨日のカワセミ

昨日のカワセミを60%に縮小しました。


ツバメ

この花が背景になった所で写したいのですがなかなか合致しません。
羽がきれたものと、丁度入ったと思えば変な格好です。


50FL
ノートリ

 

カワセミ イワツバメ イワツバメ


2012年4月23日(月)

BORG 71FL, カワセミ

■ 良く写ります。K-01 カワセミ

朝撮りです。
条件はよくなかったのですが良く写りました。

デジボーグ71FL+7214テレコン ペンタックス K-01 

白い羽毛も良く写っています。

125SDでも期待できそうです。



昨日の動物写真家の小原さんの番組で、
アザラシに警戒心を与えないように小原さん自身が氷の上に寝転がっていました。
さすがプロですね。


等倍

 

カワセミ カワセミ


2012年4月22日(日)

AFボーグ, BORG 125SD

■ 今日は小原さんの番組です。

今日は小原さんのアザラシの番組の二週目です。

4/22(日) 18:30 テレビ朝日 「奇跡の地球物語」



125SDにAFアダプターで換算1912mm。

さすがにブレそうなのでデジスコ時代のレリーズを引っ張り出してきました。
それにせっかくのミラーレスの長所を生かしたく


アルミで自作したものはサイズが合わないのでこちらを。
隠れるボタンもあるがどうにか使えるでしょう。


それにしても輪ゴムをどうにかしたい。(笑)


2012年4月21日(土)

BORG 50FL, 野鳥

■ 照準器

昨日の写真の照準器はワルサーポイントサイトです。

もう6、7年前に買ったのですが壊れずに使えています。

今回もう一つ照準器が欲しくて、安いので同じものを購入しました。
使ってみると形など見た目は変わらないのですが、ポイントの明るさがかなり明るくなって格段に見やすくなっています。

今までは予め構えていれば良いのですが、咄嗟に構えた時に赤点を見つけられずに外してしまうことがよくありました。

しかし今回購入したものは非常に見やすいので急な対応もし易く、晴れた明るい場所でもよく見えました。


ノートリ

イワツバメ イワツバメ


2012年4月20日(金)

BORG 50FL, BORG 71FL, カワセミ

■ 埼玉県 I さん作品 と 照準器

ツバメを狙う時、照準器はこの位置につけています。

近距離からだと正確に追えないと折角入ってもどこか切れてしまいます。
ボーグは鏡筒が真っすぐなのでこのような付け方でも安定しています。


——————————————————————–

埼玉県 I さんから作品をいただきました。


 I さんはサンニッパからの転向です。
BORG71FL PENTAX k-5 


等倍だと思います。

 

カワセミ カワセミ カワセミ


2012年4月18日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, カワセミ, 野鳥

■ 「武蔵野散歩」さん作品

3日にアップした71FLの画像と同じ屋根を50FLで撮りました。
50FLでこの屋根を写したのは初めてです。

えらいもんで71と同じ大きさに写っています。(笑)



6日のブログでお約束した「武蔵野散歩」さんのカワセミ写真です。

カワセミ以外にも先月は猛禽の写真も撮られています。

カワセミ カワセミ カワセミ カワセミ カワセミ