野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

menu

ON_OFF

2016年7月4日(月)

BORG 71FL, 野鳥

■ 静岡県 Мさん 作品 ツバメ

 

今年の梅雨は梅雨らしく、昨日久々にヤマセミの様子を見に行ってきました。
四か所廻りましたが久々のお天気のためか、うち三か所は鮎師でいっぱい、四か所目は鮎の放流していないので大丈夫かと思ったら、水遊びの人がたくさん。
しばらく土日はダメなようです。

 

静岡県 Мさんから頂いた作品です。

 

良いところにピント来てます。

 

Мさんも今はツバメの飛翔を71FL400mmで狙っておられるそうで、なかなか難しいということですが、葉っぱの茂ったこの時期トビモノはおすすめです。

 

BORG71FL NIKON D7100

 

ISO0200   SS1/1250
ISO0250   SS1/2000
ISO0125   SS1/640

 

等倍トリミング
 
 
野鳥 野鳥
野鳥

2015年12月22日(火)

BORG 71FL, 野鳥

■ 静岡県М.Kさん BORG71FL NIKON D7100 作品

 

静岡県М.Kさんからモズなどの作品を頂きました。

 


——————————————————————–
М.Kさん

 

前回メールでアドバイスを頂いてから色々試してみて、AFを使うよりもせっかくならMFで試してみようと思い、1ヶ月ほど悪戦苦闘しました。
最初に送付させて頂いたものより多少マシに撮れたものを、恥ずかしながら再送付させて頂きます。
——————————————————————–

 

BORG71FL NIKON D7100

 

三枚目は前回頂いたTC-16AでAFのトビです。



モズ スズメ トンビ


2015年12月15日(火)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ Canon 250D 短縮の解像感


昨日、71FLAFボーグで250Dで短縮されているお客さんから、「7872レデューサーで250Dと比較して解像感等はどれくらい変わるのでしょうか?」との問い合わせに下記のようにお答えしました。

 

写真はブログで250Dを紹介した当時のAFボーグ71FL+250Dでのスズメの写真です。
等倍。

 

実写結果としてこれだけ良く写っています。これ以上はちょっとやそっとでは写らないと思います。

 

返信内容

「私はこのレデューサーを使ったことはないですが、250Dでこの大きさのスズメで腹(上から2枚目)の羽毛の小羽枝が出ています。マクロレンズ等で接写すれば別ですが、この距離、この大きさで小羽枝が一本一本写るというのは光の限界の分解力があっても無理です。
望遠撮影でこれ以上細かい部分が写るとは考えられないので、250Dより上回ったとしても優劣の判断がつくほどの写りは考えられません。あとは自己満足、自画自賛の世界です。(笑)」

 


今朝は昨日よりしっかり曇っていたので川の様子を見てきました。
昨日の撮影ポイントも、先日、強風が吹いて木の葉が一気に少なくなりましたので、他の川も見てきました。
やはり、葉が一気に少なくなっていて良い止まり木ができています。
川の様子は変わって行きますので時々のチェックしないと、良い止まり木に気づいた時にはすぐに葉が茂る季節だったりします。



スズメ スズメ スズメ スズメ


2014年11月6日(木)

BORG 71FL, 野鳥

■ 鹿児島県 Yさん BORG71FL 作品

 
一昨日販売開始した90FLオリジナルセットですが、早速ご注文いただいています。
有難うございます。

 

この頃毎朝ジョウビタキらしき声が聞こえます。
去年もそうでしたが、もうしばらくすると居なくなると思います。

 

鹿児島県 Yさん BORG71FL SONY α77 の作品を頂きました。



ジョウビタキ ジョウビタキ スズメ


2014年9月24日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, BORG 89ED, 野鳥

■ スズメ等倍比較

 

90FL先日入荷分本日で発送完了しました。
急なご連絡になり申し訳ございませんでした。

 

野鳥のページ、スズメ、ヤマドリ追加しました。

 


遠めの写真がなかなか写らないと言う方がおられますが、近くも同じです。
遠目の被写体の場合はあまり動かない被写体が殆どだと思いますので根気良く撮影してください。

 

丁度比較に良いスズメの写真が有ったのでアップしました。

1枚目はAFボーグ71FLで2枚目AFボーグ89EDで撮ったものです。

1枚目と2枚目ではかなり写りが違います。

 

2枚目はブレであまい画像になっています。

 

近い写真の場合は少々あまい写真でも羽毛はそれなりに写っているように見えます。
写っているように感じても実はあまり解像していないことが良くあります。
距離が近ければ解像力の悪いレンズでもそこそこ写っている感じはしますので見極めが大切です。

 

ノートリ、等倍。


スズメ スズメ

 


2014年2月21日(金)

AFボーグ, BORG 71FL, BORG 89ED, カワセミ, 野鳥

■ 神奈川県 Oさん作品 と AFボーグ89ED スズメ

AFボーグ89ED PENTAX K-3でスズメです。

もう少し明るさが欲しかったですが、キャノンのクローズアップレンズの短縮は良く写ります。
ノートリ縮小。



4日にアップしたスズメの二枚目の画像を見ていただけば分かりますが、スズメがさほど大きいアッブで写っているわけではありません。
それでも腹の羽毛の小羽枝がかなり写っています。
いままではこれぐらいの大きさの写りでは小羽枝はほとんど分からないです。

K-3は画素数が1.5倍に増えて縦横1.2倍になっていますのでそのおかげです。

その代わり等倍でビシっと撮るのは難しくなっていますが来ると羽毛が細くきれいに出ます。

キャノンのクローズアップレンズはK-3の解像感に十分対応できていると思います。

 


神奈川県 Oさんからいただいた作品です。
Oさんすぐにクローズアップレンズを購入されました。

先日の大雪のその前の週の雪ですが、ご自宅の前も40センチも積もったそうです。

——————————————————————–
Oさん

先週末、関東地方は数十年ぶりの豪雪でしたが雪がらみの撮影チャンスと思い大雪の中近所の公園に出掛けました。
到着するころには雪も止み好条件となりました。いつものルリビポイントで待っていましたら30分ほどで出てきてくれました。
今年はルリビタキが少ないようですが、運良く「雪とルリビタキ」が撮影できました。
 
また教えていただいたキャノンのクローズアップレンズを早速入手しカワセミを撮ってみました。
これは良く写ります。以前のケンコークローズアップNO3に比べフォーカス精度も解像度もかなりアップしました。
ありがとうございました。
 
ルリビタキ 71FL+K-3 直焦点 トリミング。カワセミ 71FL+キャノンクローズアップレンズ+F・AF 1.7+K-3 ノートリミング。いずれも三脚使用。
 
——————————————————————–



スズメ ルリビタキ ルリビタキ カワセミ


2014年2月12日(水)

AFボーグ, BORG 89ED, 野鳥

■ AFボーグ89ED キャノンクローズアップ短縮 PENTAX K-3

今日はAfボーグ89ED、キャノンクローズアップレンズ、PENTAX K-3のスズメです。

カワセミを撮りに行こうと思うのですが、今朝も天気がわるく、晴れ間が出てからスズメを撮りました。

スズメがすぐに居なくなったので比較は出来ませんが、
先日の71FLと比べ甘い画像になりました。
撮り直しです。

先日の71FLの1.5倍の焦点距離です。
鳥までの距離は先日より遠いです。

71FLに比べ1.5倍の大きさに写る今回の機材では難しさは格段にアップします。


それでも歩留まりは悪くなっても決まればもっと写るはずです。

これは先日の71FLの画像を撮っているから言えることなのです。

自分の基準となる解像した写りを体験しておくことは大切です。
ただしそれは鳥を撮るなら鳥で体験しないと話しになりません。



お客さんにまずは写し易い被写体を解像し易い機材構成で撮影し、
ボーグの解像力を体感してもらうよう提案したいと思います。



等倍 ノートリ

スズメ スズメ


2014年2月4日(火)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ 新しいブログのご紹介 と キャノンクローズアップ短縮の解像感

新しいブログのご紹介です。

東京都 バーダーライダーさんがブログを始められました。
野鳥撮影とバイクのブログです。

71FLと89EDを使われています。




「ピースサイン~どこかの道で」



最新記事はコミミズクのトビモノです。

 

——————————————————————–
バーダーライダーさん

ご無沙汰しております。 藤野さんのブログはこまめに拝見しております。
私事ですが、ボーグ用カメラをK-3にしたところ、格段に野鳥撮影が楽しくなりました。
私が思うに、K-5から良くなった点をあげますと、

①ファインダーが明るく見やすくなりピントの山がつかみやすくなった。
②ミラーバウンドが大幅に低減した。

ボーグでの撮影では、ピント合わせとブレ対策に悩まされていたので、この2点の進化は非常にありがたかったです。

さらにローパスフィルターレスの効果も重なり、以前より鮮烈な写真が比較的容易に撮れるようになりました。
作例をお送りしますので、ご覧下さい。

ジョウビタキ 71FL直焦点 K-3 ライトルーム4にて現像


そして値上げ前に購入させていただいた89EDですが、実はまだあまり撮影回数を重ねてないのです。
それでも大口径の威力は感じました。 被写体まで遠くて、71FLではよく写らないかな?という距離でも89EDではけっこう撮れてしまいます。
まだ至近距離では撮影できてないので、それはこれからのお楽しみです。

 
——————————————————————–




写真一枚目はバーダーライダーさんから頂いたジョウビタキです。

 

 
二枚目以降は昨日に続いてAFボーグ71FL キャノンクローズアップレンズで短縮して解像力のテスト撮影したスズメの写真です。
非常に良く写りました。

ノートリ等倍をアップしました。
かなり良いと思います。



K-3にも大分慣れてきました。

 

ジョウビタキ スズメ スズメ スズメ スズメ


2013年10月11日(金)

BORG 89ED, カワセミ, 野鳥

■ 大阪府 Hさん 89ED作品

大阪府 Hさんから89EDでの作品をいただきました。

Hさん89絶賛です。


——————————————————————–
Hさん

89EDを使い始めてから71FLは留守番状態でV1で使ってみたのですがピント
が合うと素晴らしいのですがやはり目が衰えてそのまま休止状態になるぐらい89E
Dを多用しています。

これはもう手放す事の出来ないレンズで、私はとても飛びものは無理なので止まりも
のを兎に角綺麗に撮ることで満足しています。
人によっては「動物園の写真」とか、「図鑑の写真」とか揶揄する人もいますが止ま
りものを綺麗に撮れなければ意味の無い事だと・・・・・

最近、N社のレンズ、カメラを全て売り、N社は一台で手持ち用に80-400を購
入、そしてボーグ用にφ32の大型三脚も購入してまた新たに進めています。
あと、K-30で手持ち用に71FLを模索中ですが、やはりAFで無い
と・・・・・

最近サイトで掲載されているのを見て近況をと写真添付。
特に背中を見せるカワセミは柔和な中の細かな描写が気に入っています。
鳥の部分だけの切り出しは場所の限定できないようにと配慮していますので鳥だけの
シンプルな絵ですが又見てやってください。
ブログも始め、鳥撮りの世界にどっぷり浸かり、担いでいくのは何時も89ED、本
当にいいレンズに巡り合ったのですが、フードだけはもう少し工夫が欲しいですね。



PENTAX K-5 II s
——————————————————————–



フードは密着し過ぎるとレンズセルが一緒に回ったのか知らぬ間に緩んでいたような事象もあり、緩めに調整されているのかと思います。


89は三脚使用が前提ですがバカでかくなく、焦点距離もあり、野鳥撮影に程よいレンズだと思います。
Hさんは71FLの出番が無いようですが、丁度先日も71をお持ちのお客さんから89の問い合わせがあったのですが、71の扱い易さは89とは大きく違いますので71、89併用がベストとご説明しました。
両方ある安心感は高いです。



今日も71、89発送しました。

89良いですよ~。


カワセミ スズメ キセキレイ


2013年3月19日(火)

BORG 45EDⅡ, 野鳥

■ 今日はミニボーグ45EDⅡの作品、兵庫県 Sさん、神奈川県 Aさん と 私。

今日はミニボーグ45EDⅡの作品です。

猛禽は待っているとなかなか来ませんが、車で走っていると時々見かけます。
和歌山県の農道を走っていると猛禽を見ます。

上ばかり見ていると危ないですが、車も止めやすいので45EDⅡや50FLを準備しておくとこんな時手軽で対応しやすいです。

写る大きさは小さいですが71FLより簡単に撮れます。





神奈川県 Aさん はスズメ。

カメラ olympus pl3。




兵庫県 Sさんはメジロとヒヨドリ

——————————————————————–
Sさん

作例を送らせていただきます。
オリジナルのままだとファイルサイズが大きいのでリサイズしてあります。
ホオジロと、自宅庭にきたメジロ、ヒヨドリです。

PentaxK-5 + BORG 45EDⅡで、ホオジロは1.4倍テレコンを追加しています。

ピントがあった時の写りは、これまでとは一味違いますね。
ただ、ピントが合う事が少ないのが難点です。

近いとピント合わせもなんとかなるのですが、ちょっと離れたりサイズの
小さい鳥ですとピントの山がわからないことが多いです。

マグニファイアが必要なのかもしれません。

——————————————————————–


スズメ ヒヨドリ メジロ