野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

menu

ON_OFF

2015年12月15日(火)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ Canon 250D 短縮の解像感


昨日、71FLAFボーグで250Dで短縮されているお客さんから、「7872レデューサーで250Dと比較して解像感等はどれくらい変わるのでしょうか?」との問い合わせに下記のようにお答えしました。

 

写真はブログで250Dを紹介した当時のAFボーグ71FL+250Dでのスズメの写真です。
等倍。

 

実写結果としてこれだけ良く写っています。これ以上はちょっとやそっとでは写らないと思います。

 

返信内容

「私はこのレデューサーを使ったことはないですが、250Dでこの大きさのスズメで腹(上から2枚目)の羽毛の小羽枝が出ています。マクロレンズ等で接写すれば別ですが、この距離、この大きさで小羽枝が一本一本写るというのは光の限界の分解力があっても無理です。
望遠撮影でこれ以上細かい部分が写るとは考えられないので、250Dより上回ったとしても優劣の判断がつくほどの写りは考えられません。あとは自己満足、自画自賛の世界です。(笑)」

 


今朝は昨日よりしっかり曇っていたので川の様子を見てきました。
昨日の撮影ポイントも、先日、強風が吹いて木の葉が一気に少なくなりましたので、他の川も見てきました。
やはり、葉が一気に少なくなっていて良い止まり木ができています。
川の様子は変わって行きますので時々のチェックしないと、良い止まり木に気づいた時にはすぐに葉が茂る季節だったりします。



スズメ スズメ スズメ スズメ