野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

menu

ON_OFF

2011年1月26日(水)

BORG 125SD, 野鳥

■ 125SDでメジロの白いアイリング

125SDでメジロと接近戦です。

ボーグ125SDでこの距離からとなるとM57ヘリコイドLIIの36mmを伸縮させてもピントの合う距離は50センチほどしか変わりません。
動き回るメジロを追いかけてマイクロフォーカス接眼部との両方を伸ばしたり縮めたりです。

それ以前に、照準器で鳥を捉えてもファインダーを覗くとボケすぎていて入っているのかないのか分かりません。
ほとんどが間に合いません。

少し長めに定位してくれても頭部が静止することはありません。
結局、目にジャスピンとはいきませんでした。


メジロの白いアイリングの羽毛を解像したいのですが、ピントが合わせ難い上にカワセミのアイリングの羽毛と比べて極端に細いようです。
アイリングの幅は1ミリ程度のものだと思うのですが、この大きさに写っても一本一本がまったく見えず束に見えます。
これは無理なのかも知れません。

一枚目は等倍、他は1/2に縮小
メジロ メジロ メジロ