野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

menu

ON_OFF

2016年6月9日(木)

BORG 90FL, 野鳥

■ 岡山県Kさん オオアカゲラ 90FL

 

先日のライチョウと一緒に頂いたオオアカゲラです。

 

カテゴリーが一つしか設定できないと、枚数も頂いたので機種ごとに分けさせて頂きました。

 

90FL、35mm換算750mmでオオアカゲラですと、距離は17、8メートルぐらいでしょうか。

 

ノートリ等倍でアップしています。

 

K3 90FL 直焦点

 

ISO 200
SS 1/1000~1250

 

野鳥 野鳥 野鳥


2015年6月8日(月)

AFボーグ, BORG 90FL, ヤマセミ, 野鳥

■ 「男は黙って写りで勝負!」  のページに写真を追加しました。

 
 
ブログになかなか手が回らなくてHP更新のご紹介です。

 

 

のページに写真を追加しました。

 

こちらのページはトリミング画像を多く使っています。



オオアカゲラ ヤマセミ


2014年7月10日(木)

AFボーグ, BORG 67FL, 野鳥

■ AFボーグ67FL オオアカゲラ、コゲラ。

 

経理部長の写真シリーズ、今日はAFボーグ67FL オオアカゲラ、コゲラです。

 

オオアカゲラはピントが少し奥に合っています。
もう少し近づきたい距離ですが特にコゲラのような小鳥は67ではちょっと遠いです。

 

PENTAX K-5

 

ISO640  SS1/1250
ISO640  SS1/500

 

経理部長はISO640か800で撮るようにしています。

 

ノートリ、80%に縮小。

 

当ブログはご覧になる方がボーグの解像力等を適切に判断できるよう、判断の妨げになるトリミング、余計なコメント等は基本的に控え、メーカーページでは分からない製品の短所等も含め、正直な画像、正直な製品評価、正直な情報発信をしていきます。
本日もバーダーショップ フジノ ブログをご覧いただきありがとうございます。



オオアカゲラ コゲラ

 


2014年6月24日(火)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ 最近の二ヶ月間の成果

ゴールデンウィーク前の4月23日から二ヶ月間の成果です。

二ヶ月間と言っても毎日撮りに行ってるわけではありません。(笑)
この間の土曜、日曜の天気が結構良かったのでほぼ毎週撮影に行くことができました。



今年は夏鳥を気合を入れて撮りたいと前々から考えていて撮り始めてしばらくオオアカゲラに脱線してしまったもののこの二ヶ月間でかなり結果を出せました。



野鳥撮影を始めた頃はモタモタ撮り逃すことも多かったですが年々効率よく撮れるようになって来ています。
最近では今の対応は速かったと自分でも感心することもしばしばです。(笑)
せっかく鳥が前に来てくれたのに撮れずに悔しい思いをすることがかなり少なくなりました。




野鳥撮影はまず撮影場所です。マイ撮影ポイントもかなり増えました。鳥は居ても写真は撮れない所が多いですが良いポイントを見つけると撮影がぐんと変わります。




次はチャンスを逃さないことです。
年々そのための工夫、撮影の段取りも良くなってきます。
チャンスを逃して悔しい思いをする。それをどれだけ減らせるかです。


昨日のLMF-1の話しもそうですが、微動でゆっくり合わせていたら鳥がボーっとしている時しか撮れません。
チャンスを逃してしまいます。
鳥に先に先に動かれて悔しい思いを繰り返します。
一度その悔しい思いをしたら次から違う工夫をすることです。


昨日のブログはキャッチインフォーカスが微動では結構良いことがわかったということです。
このように試行錯誤を繰り返して結果を出せるようになって来ました。
知らず知らずのうちに成果が出てきます。




撮る心構えとしてはやはりノートリ低感度です。
頭からトリミング、高感度に妥協してはいけません。
撮るための工夫が疎かになります。



まあ、二ヶ月でこれだけ撮れたら良しとしますか。
「ボーク゛は良い」と言ったところで写真で結果を出さないと話しになりませんからね。




追伸
 先日からのサンコウチョウは成果に入れていません。(笑)


キビタキ キビタキ キビタキ オオルリ オオルリ オオルリ オオアカゲラ オオアカゲラ オオアカゲラ オオアカゲラ ヤマドリ コルリ ゴジュウカラ ホシガラス ミソサザイ

 


2014年4月29日(火)

AFボーグ, BORG 67FL, 野鳥

■ 「武蔵野散歩Ⅱ」さん,北海道 Yさん 67FL作品

 

ボーグのブログを見ると、26日の記事に「嫌われる勇気」という本が紹介されていました。
私は読んだことはありませんので何のことを書いてあるのかは知りませんが、私は元より嫌われる勇気なら十分に持ち合わせています。(笑)



鳥を撮っていて以前より思うのことですが、「時間を捨てる勇気」も大切だと思っています。
ブログやSNSなどで写真を貼っている方はそのネタの写真を撮るために撮影を優先してしまうと思いますが、撮影場所を探すことは最も大切です。
ブログやSNSのネタに条件の良くない場所、条件の良くない天候で撮ったところで大した写真は撮れません。

また、探すと言っても並んで撮るような撮影場所を探すのではありません。
人と同じ所で並んで撮っても並んだ写真しか撮れません。(笑)

ですから簡単には見つからないとは思いますが、良いポイントを見つけることに時間を使うことが解像した写真を撮る早道です。

 

BORG67FLがデジタルカメラグランプリ2014SUMMERレンズ関連アクセサリー部門金賞受賞したそうです。


今日は「武蔵野散歩Ⅱ」さんと北海道 Yさんから頂いた67FLの作品をご紹介いたします。




北海道 Yさん

ルリビタキ、オオアカゲラ。 
AFボーグ 67FL+AF1.7 PENTAX K-5Ⅱ 

 



「武蔵野散歩Ⅱ」さん

メジロ、オオタカ。
AFボーグ 67FL+AF1.7 PENTAX K-5 II s



オオアカゲラ ルリビタキ メジロ オオタカ

 


2014年4月28日(月)

BORG 89ED, 野鳥

■ デジボーグ89ED オオアカゲラ

 

デジボーグ89ED オオアカゲラ。

結構大きい鳥なのでやや距離があり、解像が難しいです。

3枚目はノートリですがピントあまいです。



1枚目 BORG89ED 直焦点  ノートリ 等倍
頭部にピントを合わせています。
頭の赤がなかなか解像しません。


2枚目 BORG89ED 直焦点+【7108】 マルチフラットナー1.08×DG  ノートリ 等倍
体にピントを合わせています。


3枚目 BORG89ED 直焦点  ノートリ 縮小




PENTAX K-3



オオアカゲラ オオアカゲラ オオアカゲラ

 


2014年4月25日(金)

BORG 89ED, 野鳥

■ BORG 89ED +【7108】マルチフラットナー オオアカゲラ

 

昨日の画像はAFボーグ71FL 換算1020mmで撮影としましたが、89で撮ったものでした。

BORG 89ED+ 【7108】マルチフラットナー

71で撮って途中で89に替えたのですが発色も変わった感じでした。
この組み合わせ良いです。

夏にも良いと思います。


PENTAX K-3  ノートリ


オオアカゲラ オオアカゲラ オオアカゲラ オオアカゲラ


2014年4月24日(木)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ AFボーグ71FL 換算1020mm オオアカゲラ

夏鳥来ています。
オオルリ、キビタキ、一瞬で逃げられましたが(笑)

ミソサザイも囀り出しました。

オオアカゲラは子育て中です。

 

オオアカゲラ


2014年2月24日(月)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ 北海道 Kさん作品 シマエナガとエゾモモンガ

北海道のKさんから写真をいただきました。
こちらでは見ることの出来ないシマエナガとエゾモモンガ、羨ましいです。
四枚目のオオアカゲラは先に頂いていたものでご紹介が遅くなり申し訳ございません。
K5Ⅱs FAF1.7 71FL。
——————————————————————–
Kさん

北海道のKです。
とうとう流氷も接岸し、寒さも積雪もピークに達しています。
そんな中、吹雪以外は撮影に出ていますが、まあまあの光線で
撮れたので送ります。


北海道の冬のスター、アイドル系のシマエナガです。
なにせ日本三大せわしな鳥?のひとつだけあって、
ちーーっともじっとしていません。


おまけに足場が、加重を異動させると、ズボッと50センチは埋まります。
顔がブレているのは被写体ブレ、と言う事で。


知床を挟んだ反対側では大砲、バズーカでワシ類を狙っている方々がいらっしゃる
でしょうが、是非この子も撮ってみて頂きたいですねー。
きっとメロメロになりますよ。

で、今年になってはまっているのが、
北海道のスーパースター、エゾモモンガです。
一応、飛ぶ仲間、ってことで。


 

エゾモモンガ シマエナガ シマエナガ オオアカゲラ


2013年7月29日(月)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ AFボーグ71FL+50アクロ オオアカゲラ 証拠写真

AFボーグ71FL+50アクロ短縮 オオアカゲラの証拠写真です。
ブレています。


和歌山県の林道をトロトロ進んでいるとキツツキらしき声。

木を飛び移る姿が見え、見るとそのすぐ上が小さく抜けている箇所があり、すかさずその幹を狙ってピントを合わすが早いか、来るが早いか、オオアカゲラが木を上がって来ました。
すぐに連写しましたが三枚目はお尻だけの状態で、もう一枚は大ブレ。
一枚はどうにか証拠写真程度ですがこちらではあまり見れない鳥なので保存しました。

ブレて撮れませんでしたが、我ながら素早い対応が出来ました。


コゲラを写す時も木が被っている場所は追わずにパスして、進行方向の抜けたところを狙います。
上手にバックもして行きますが。


ISO 800 SS 1/160 ノートリ


オオアカゲラ