野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

menu

ON_OFF

2012年1月14日(土)

撮影機材

■ レンズの曇りにご注意

いよいよ冷え込んできました。
これから最も寒さの厳しい季節ですね。

この時期放射冷却のためかレンズが曇ってしまうことがあります。
金属の方が冷えるようで外気温の方が高くなるからでしょう。

レンズが曇ったときの写真です。

二枚目のヤマセミは9時30分ごろのものです。
8時台までに撮ったものは曇っていません。
深い谷で底に日が当りだした頃からレンズが曇ってきます。

鏡筒が冷えないようにすれば良いのでしょうが難しいです。
天体の方はヒーターを使われている方もあるようです。

私はこのときジッポーのオイルカイロを買いましたが効果は試していません。

厚めの布でも巻いておけば少しはマシかも知れません。

カワセミ ヤマセミ ヤマセミ