野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

menu

ON_OFF

2013年9月12日(木)

AFボーグ, BORG 71FL

■ 71FLユーザーオリジナルMMF-1組み替え例

71FLユーザーオリジナルの71FLオリジナルAセットをベースに7861ヘリコイドをMMF-1に組み替えた接続例です。

MMF-1には微動、粗動の操作でピント合わせが出来ます。

ただ野鳥のピント合わせで微動で悠長に合わせができるケースはなかなかありません。
鳥が停止してくれるのを待っていてはなかなか成果が上がりません。
直立不動のサギやカワセミぐらいです。
ゆっくり泳いでいるカモや歩いているセキレイでもあまり役に立ちません。




野鳥撮影でMMF-1の良いところは天体とは違い微動ではなく粗動のピント移動が大きいことです。
鳥の速い動きに対して一気にピント移動をし易い点です。

三脚使用のAFボーグにお勧めです。