野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

menu

ON_OFF

2011年6月17日(金)

BORG 50FL, 野鳥

■ 今年の夏は50FLでツバメ

ミニボーグ50FLの価格が発表になりました。
当店でも予約受付中です。こちらから。

価格的にはAセットがお勧めですね。
対物レンズとテレコンセットは高いなと思いましたが、Aセットについては頑張ってくれたのだと思います。
K-rクラスのボディとなら10万円少しで高解像望遠撮影を始められます。

ミニボーグ50FL + ペンタックス K-5 置きピン でツバメの飛翔を写しました。

去年の夏の終わり頃ツバメを写したポイントはまだ虫が少ないようでツバメは池の上を飛んでいます。
最近、別の場所でツバメが多いポイントを見つけていたのですが、今日の昼ごろから久々に日が差しましたので少し撮ってみました。

撮影時間は13分。
約800枚撮りました。
太陽が逆光ぎみになる時間なので土手の上から撮影しました。
この距離ですとこの13分の撮影で50枚ぐらいはそこそこピントが合っています。
上からの撮影ですので背景がうるさいものが多くなりましたが。

ツバメが多く飛び交っていることが必要ですが、そういうポイントを見つければ案外簡単に撮れて面白い被写体です。ただしレンズは50FLの場合。(笑)

 

ツバメ ツバメ ツバメ ツバメ ツバメ