「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

menu

ON_OFF

2012年10月8日(月)

BORG 125SD, 野鳥写真画像

■ BORG125SD SONY α57で撮影した野鳥写真 ノビタキ

河原へ行くとノビタキが沢山居ます。

ノビタキもエゾビタキと同じくしばらく留まってくれるのでBORG125SDでも楽勝です。


BORG125SD+7214テレコン  SONY α57 

ノートリ 1/2に縮小です。
一枚目のみISO 200 で 他は ISO 100 です。

テレコンを付けてもISO 100使えます。
これは125SDだからということではありません。
125SDはF6ですので他の機種と同じです。
同じ程度の明るさで焦点距離が長い分、当然77や71に比べ歩留まりは悪くなります。

ただ、2~4枚目は結構距離があります。
125SDの強みです。

BORG125SDで撮影したノビタキの写真画像 BORG125SDで撮影したノビタキの写真画像 BORG125SDで撮影したノビタキの写真画像 BORG125SDで撮影したノビタキの写真画像


関連記事

カワセミ どぉぉぉあっぷ  BORG125SD+7214テレコン

久々のどアップです。 PENTAX K-5IIsでは初めてです。 BORG125SD+7214テレコン PENTAX K-5IIs ISO400 SS1/640、500 等倍

BORG125SD+7214テレコン PENTAX K-01撮影 カワセミの写真画像

BORG125SD+7214テレコン PENTAX K-01 ミラーショックのない K-01ですが、やはりその点は実感できます。 ブレへの対処が大変な125SDですが、 125SDのように長い焦点距離の方が効果も分かり易 […]

今年初のカワセミ BORG125SD

葉も落ちて撮りやすくなって来たと思っていたら寒さが厳しく尻込みしていましたが、 寒さも少し和らいだのでカワセミを狙い始めました。 しばらくはドアップ専門です。 今年初のカワセミです。 125SD E-3   *****  […]

ノビタキ大接近、BORG125SDで と 大阪府Hさん撮影野鳥写真 クロツラヘラサギ

先日、カワセミを撮りに行った日にまず一番に来てくれたのはノビタキでした。 目の前で少しですが羽繕いしてくれました。 BORG125SD PENTAX K-5IIs 一枚目は等倍。 二枚目1/2縮小。 大阪府Hさん からク […]

コゲラの赤い羽毛

今日は雨です。 昨日の一枚目の暗いエゾビタキでAFが迷ったので丁度テストしてみないといけません。       先日お客さんに400パーセントに拡大して見ても写っていると言っていただきました。 400パーセントはなかなかで […]

AFボーグ BORG125SD PENTAX K-5撮影 カワセミの写真画像

BORG125SD 0.85×DGL AFアダプター PENTAX K-5 125SDでこの距離ですと0.85×DGLを付けてもAFが効きませんでした。 DGLが実際は0.85×より大きいこともあると思いますが。 ISO […]

カワセミの写真 BORG125SD K-7撮影

大阪も雪が降っています。 道路は積もっていませんが屋根は白くなっています。 大阪-和歌山間の阪和高速も一部通行止めのようです。 今日は101EDでカワセミを撮ろうと思っていましたが中止です。 等倍 等倍 トリミング 縮小

BORG 125SD+ケンコー1.5× PENTAX K-7 35mm換算1687mm カワラヒワ

BORG 125SD+ケンコー1.5× PENTAX K-7 35mm換算1687mm  ISO400 SS1/250 1/2縮小 トリミング  カワラヒワ BORG 125SD+ケンコー1.5× PENTAX K-7  […]

久々のBORG125SD SONY α57撮影野鳥写真 エゾビタキ

久々のBORG125SDです。 まだ担いで少し歩くだけで汗かきます。 α57 にレリーズつけて撮影しました。 昨日はAFボーグ50アクロで撮りましたが、 今日はBORG最大の125SDです。 やっぱり125SDは凄いです […]

大阪府 Hさん 希少種2ショツト と BORG125SD K-5IIsで撮影したカワセミの写真画像

BORG125SD直焦点 PENTAX K-5IIs カワセミ です。 今日はオスも止まってくれました。 もう慣れてくれたのでしょうか。 先日のBORG50アクロの日は斜め対岸に留まっていたオスがこちらを向いて飛び出した […]