野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

menu

ON_OFF

2015年1月15日(木)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ 鹿児島県Hさん作品 マヒワ と 「解像力の見分け方」のページを更新しました。

 

鹿児島県Hさんからマヒワの作品を頂きました。

いつも良く写されています。


デジボーグ71FL+FAF1.7+K-3
当方で縮小


本日も「解像力の見分け方」に追加項目をアップしました。


「大きく写った画像の羽毛は写ってあたり前、その写り方が問題」

鳥を近くから写せば当然ですが大きく写ります。
鳥が大きく写ると当然羽毛も大きく写ります。
羽毛が大きく写ると一本一本の見分けはつきます。

ただ、大きく写ると単に羽毛も大きく写るというのではなく、より細部が写らないといけません。
その写り方が問題です。

上の「小羽枝感」のように鳥が近距離から大きく写った画像では小羽枝が写ります。

また、下にで説明しますように簡単に写り易い部分と解像し難い部分があります。

ネットで大きく写っただけで細かい部分の皆目写ってない甘い画像を絶賛していることもよく見かけます。
やはり自身で見極めることが大切です。

よく 「近くはそこそこ解像するが、遠くは写らない」と言う方が居ます。
これは上記のように近くの羽毛は多少甘くてもある程度は写るので解像したと勘違いしているだけで実は十分写せていないのだと思います。

近くで小羽枝の出てない写り程度の撮り方で遠くを撮れば、鳥全体がべたーっと写ってないと感じる画像になるのだと思います。

仮定の話しですが、5メートルの距離で一本の羽毛の太さが3画素で表現されているとすれば、15メートル離れると一本の羽毛を1画素で表現することになります。 1画素分ブレたとしても5メートルなら羽毛はなんとか識別できるでしょうが、15メートルで1画素分ブレるとベターっと甘い絵になると思います。

 

マヒワ マヒワ

 


2013年12月20日(金)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ 鹿児島県 Hさん コウノトリ、ジョウビタキ、マヒワ

鹿児島県 Hさん コウノトリ、ジョウビタキ、マヒワの作品を頂きました。

これはよく写っています。
三周年景品 当確です。

兵庫県のコウノトリなのでしょうね。

ジョウビタキもよく写っています。


Hさん も元々はペンタ以外で撮られていました。
16日にもニコンV1での作品をアップさせていただいています。

今回はAFボーグ71FL+ペンタックスK-5Ⅱでの作品です。



16日の作品は当方で1/2に縮小させていただきましたが、
今日は是非等倍原寸でご覧いただきたいと思いファイルサイズのみ軽くさせていただいてアップしました。




——————————————————————–
お世話になります。

小惑星探査機「はやぶさ」、新型固体燃料ロケット「イプシロン」
でご存知の鹿児島県肝属郡の田んぼにコウノトリ2羽がやってきました。
そのうちの1羽を撮影できました。
 
この10月にも本土九州最南端、南大隅町佐多でもコウノトリが観察されています。
 
写真のジョビタキ♂、マヒワ、コウノトリは71FL+F-AF+K-5Ⅱsで撮影。
 
——————————————————————–


コウノトリ コウノトリ コウノトリ ジョウビタキ マヒワ


2013年12月16日(月)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ 鹿児島県 Hさん ジョウビタキ、マヒワ

日曜は晴れ間もあってミサゴも来てくれましたが下の方には来てくれません。
トンビは近くを飛んでくれるのですが。

AFボーグ71FL 換算1020mm  PENTAX K-3




鹿児島県 Hさんからジョウビタキとマヒワの写真を頂きました。


71FL+1.4倍テレコンDG(7214)+ニコンV1。
焦点距離約1500mm、F約8ぐらいだと思います。


当方で1/2縮小


トンビ トンビ ジョウビタキ マヒワ


2013年2月13日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ 広島県 Kさん AFボーグ71FL デビュー作

広島県 Kさん から71FLのデビュー作をいただきました。

KさんはもともとPENTAX  K-x + F-AFアダプターをお持ちで今回71FLを導入いただきました。
早速初撮りの作品をいただきましたが、
おそらく野鳥撮影も以前からされていたのだと思います。

——————————————————————–
Kさん

連絡ありがとうございました。連絡いただいた日に商品受け取らせて頂きました。
早速連休中に試させて頂きましたが、お店の作例やブログで紹介されている皆様のようになかなかうまく撮れず、添付いただいたPDFをみて勉強させていただいています。

拙い写真ですが、比較的マシに撮れたものを添付させて頂きます。
この度は、親切な対応まことにありがとうございました。

——————————————————————–


当方で縮小。
一枚目は当方でトリミング。

ISO400 SS1/800
ISO800 SS1/640


アカウソ マヒワ


2013年1月11日(金)

AFボーグ, BORG 71FL, BORG 77EDⅡ, 野鳥

■ 鹿児島県 Hさん 作品 と 今朝のK-5IIsでのメジロ

今朝もいつものポイントへ。

今日は初めてルリビタキのメスが来てくれました。
ルリビタキのメスは暗くてもう一つでしたが、メジロはK-5IIsでかなり良く写ったものが撮れましたのでアップします。


AFボーグ71FL 換算1020mm  PENTAX K-5IIs


ノートリ縮小




——————————————————————–


鹿児島県 Hさん からジョウビタキ、マヒワ、キクイタダキの写真をいただきました。


77EDⅡ(BK) と 71FL  1.7AF K-5Ⅱs 


メジロ ジョウビタキ マヒワ キクイタダキ キクイタダキ


2012年12月10日(月)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ 鹿児島県 Hさん AFボーグ71FL 作品

鹿児島県 Hさん AFボーグ71FL での作品をいただきました。

Hさん は以前よりニコンV1などでの作品を頂いていましたが、今回新たにペンタックスK-5IIsを導入されAFボーグでの撮影です。


エクストラシャープを強めに設定されたということでやや画像が荒れたようなので頂いたままの等倍でアップさせていただくか、当方で適宜縮小してアップさせていただくか迷いましたが、特にマヒワの解像は写り難い部分もかなり良く写っています。写っていないものを無理やりシャープネスを強くしたという画像ではありませんのでノートリ等倍そのまま(ファイルサイズも落としていませんのでやや大きいです)でアップさせていただきました。


ジョウビタキはトリミングされているということです。


ISO 800

 

マヒワ ジョウビタキ


2012年10月20日(土)

AFボーグ, BORG 71FL, PENTAX K-5 II s, 野鳥

■ 大阪府 HさんからPENTAX K-5 II s 作品が届きました。 マヒワ、イズモヒタキ。

大阪府 HさんPENTAX K-5 II s初撮り作品です。


先日東京のお客さんから大阪に珍しいヒタキが入っているらしいとお聞きしていたところ
Hさんから K-5 II sの設定のことで電話を頂いたのでヒタキの件をお尋ねするとキッチリ撮りに行っておられました。
イズモヒタキというらしいですね。


私は今日はカワセミを撮ってきました。
K-5 II sかなり解像感良いと思います。


——————————————————————–
K-5 II sでマヒワを全くノーマルな設定で撮影をしてみました。

いずれもノートリです。71FLFL AF PENTAX


イズモヒタキですが明るい所を好む感じで撮影をしている所の2~3M

近くまで接近してびっくりさせていました。71FL AF PENTAX K-5


 

マヒワ マヒワ イズモヒタ


2011年9月10日(土)

AFボーグ, BORG 77EDⅡ, 野鳥

■ 「野鳥のページ」にマヒワを追加しました。

「野鳥のページ」にマヒワを追加しました。

前シーズン多かったマヒワですが、良い写真は撮れませんでした。

 

マヒワ マヒワ


2011年6月19日(日)

BORG 50FL, 野鳥

■ ミニボーグ50FL ISO100

ミニボーグ50FL E-3で昨日と同じ年末年始に試用した時のものです。
手持ちです。

スズメはISO400 SS1/640  露出補正 +0.3ステップ
マヒワはISO100 SS1/320  露出補正 +0.3ステップ

口径50mmで暗い感じもしますが、シャッタースピードは大して問題ないと思います。
たとえば暗い条件でSSが1/30などの場合、仮にF4のレンズでも1/120です。
大きなマイナス点ではないと思います。
さらにボーグの実効F値の明るさを考えれば尚更です。

一番の問題はピント合わせです。
さすがに71FLと比べるとピントの山は掴み難いです。
しかし鳥がある程度停止すれば、基本どおり山を行ったり来たりすれば合わせられます。
望遠でのピントの見づらさはブレて分からないことの方が大きいので、ヘリコイド操作時の安定した持ち方など工夫すればカバーできます。
逆に昨日のカモメの飛んでいるところなどは合わせやすかったです。

 

スズメ マヒワ


2011年4月5日(火)

AFボーグ, 野鳥

■ 今が一番撮り易い?

大阪府 Aさん。

先日77ED2を購入いただき、ペンタックス K-5に3月19日の49mmACNo3の構成でAFボーグ始められました。
ダイサギがフグをおもちゃにして遊んでいるらしく最後まで食べなかったそうです。

80鏡筒の三脚座にUN製の「3極スイッチSTグリップ φ2.5プラグ用」を取り付けられたそうです。

*******************************************************************


コゲラ、ヤマガラ、メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキ、マヒワ
今が一番撮り易いでしょうか。
ジョウビタキなどは減ってくるでしょうがもうすぐオオルリやキビタキもやって来ます。

 

ダイサギ メジロ ヤマガラ シジュウカラ シジュウカラ マヒワ コゲラ エナガ ジョウビタキ ジョウビタキ ヤマガラ ヤマガラ