野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

menu

ON_OFF

2016年12月1日(木)

お知らせ

■ コシアカツバメの飛翔写真が「日本の美しい色の鳥」という図鑑に掲載されました。

50FLで撮影したコシアカツバメの飛翔写真が「日本の美しい色の鳥」という図鑑に掲載されました。
 
この図鑑は220ページほどあり、結構ボリュームがあります。
 
——————————————————————–
出版社: エクスナレッジ
 
内容・概要
 
日本に生きる野生の鳥たちを色別に愉しむ唯一無二の野鳥図鑑!
 
鮮やかな赤(丹)が際立つタンチョウ、翡翠色を輝かせて舞うカワセミ、深い森にすむ橙色のアカヒゲ、古来より敬われる純白のライチョウ・・・
あらゆる日本の色をまとった鳥たちを、美しい写真と読み応えのある解説に加え、詳細なデータで存分に堪能できる全く新しい図鑑です!
 
発売日:2016/12/01
3,024円(税込)
 

2015年6月15日(月)

BORG 90FL, 野鳥

■ BORG 90FL+Canon 250D短縮 記録写真

 

コシアカツバメの巣が影にあるので、90FLをCanon 250Dで大き目に短縮してみました。

F3.5ぐらい。

ノートリ。

 

一枚目等倍。
250D短縮でもう少し電線に色がつくかなと思いましたが良好です。

 


他は小さく縮小。

 

本日は記録写真でした。(笑)

 

コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ


2015年5月18日(月)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ コシアカツバメ トビモノ

土曜はお天気が良くなかったのでヤマセミ、カワセミ探し。

地元の人に去年カワセミの巣が有ったという所やヤマセミの居る所を教えてもらいました。

 

実は先日、窓に日よけや布で見えなくしているので、怪しい車があるとでも通報されたのか、おまわりさんが大丈夫ですかと声を掛けてきました。
おかげでおまわりさんからヤマセミ目撃情報をもらいました。(笑)

 


日曜はヤマセミの近くで見つけたコシアカツバメの巣を見に行きました。

 


解像力のボーグを販売していながら、トビモノとは言えチンケな写真貼ってたらキャノンユーザーを笑わすだけなので。(笑)
ということでトビモノドアップを狙いましたがはずれまくり。

 

小さいトビモノなら簡単に撮れるのですが、大きくなるにつれ倍々ペースで難しくなります。(笑)

 

コシアカツバメの巣を見るのは初めてでしたたが、巣の形から徳利ツバメとも言うのですね。

 

BORG71FL Canon250D AF1.7 PENTAX K-3
縮小。ノートリまたはトリミング。



コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ コシアカツバメ


2012年5月14日(月)

BORG 50FL

■ BORG 50FL 400mm

ミニボーグ50FL 400mm、 ペンタックス K-5 35mm換算600mm。

一枚目は結構近いと思ったのですが小さいです。
10メートルは有ったのかも知れません。

やはりテレコンも無しだと余程近くないと大きく写りませんね。
鳥は小さいです。


二枚目はミニドロチューブでノーマルより2センチほど長くなる接続を殆ど伸ばしたので、
5メートルは切って4メートルほどかなと思います。

近距離の撮影は1メートルで写る大きさが大きく変わります。

 

コシアカツバメ ツバメ


2012年4月27日(金)

BORG 50FL, 野鳥

■ ミニボーグ50FL コシアカツバメ

コシアカツバメ

初めて撮りました。
きれいなツバメですね。

トリミングです。



鳩も写してみました。
胴をねらっているのでほぼ真ん中に入っているのですが羽が切れてしまいました。

何でも飛んでいるものを撮ってみるのも面白いですね。



ミニボーグ50FL k-5

 

コシアカツバメ