BORG / カワセミと野鳥の写真撮影日記「ブレずに行こう!」
野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

menu

ON_OFF

2018年7月28日(土)

オリジナルQ&Aのページ, お知らせ

■ オリジナルQ&Aのページ

2018年7月22日

 

オリジナルQ&Aのページにアップする記事です。

 

以前お客さんから頂いた問い合わせの回答です。

他にもこのようなお問い合わせと回答がありますので今後アップしていきます。

 

——————————————————————–

〇〇様

お問い合わせ有難うございます。

早速お問い合わせの件ですが、

> BORG 89ED新オリジナルDXーCセット V-Power接眼部BORG仕様ですが、重さは
> どれぐらいになりますか?(カメラ以外で)。


重量は約2,800グラムです。

 

 

> 鏡筒やドロチューブなど、カーボンには変更できないですか?


セットの組み替えは対応できません。
別途カーボン鏡筒を購入いただくかたちになります。


ただ、上記オリジナルセットをカーボンに取り替えても軽くなるのはたった232グラムですので話になりません。
100グラム軽量化あたり二万円の投資になります。(笑)

また、当方はカーボン鏡筒は基本的に扱いませんので、

カーボン鏡筒接続の無限出し、クローズアップレンズ接続等のご質問の対応はいたしませんので、
購入の場合はメーカー直販等をご利用ください。

それではよろしくお願いいたします。


 

 

胴体のただの筒がセットでなんと五万円!

 

ようこんなしょうもないもん作ったもんです。(笑)

 

 

 

 


2018年7月27日(金)

解像力の見分け方, 野鳥

■ 「解像力の見分け方」のページにアニメ追加

2018年5月23日(水)

 

「解像力の見分け方」のページにアニメ追加しました。

11枚の画像を使いましたが、10枚超えるとこれまでのやり方だと不都合が出てきて、これまでアップした分も後でごちゃごちゃにならないようやり直しました。これで何とか完成か?(笑)

 

今日は画像だけでなくページの一部をアップしてみました。

「攻略! デジボーグ」のページや新し作るQ&Aのページなどにこの方法でブログに少しづつアップしていきます。

ワードプレスはどうにでもなる感じで面白いです。

解像力の見分け方

解像力の見分け方のページです。

野鳥撮影で解像の見極めは大切な点です。

ボーグを使って行く上でも大切です。
また、自分の撮影した写真も見極めができてこそ上達できます。

今はネツトでブログ等で発信された作例を見れる時代ですが、
人は自分の買ったレンズは褒める傾向があります。 結局はサクラみたいなもんです。

メーカーも同様です。
自社製品は何でもかんでも絶賛するメーカーもあります。

どう見ても写ってない写真を貼って絶賛しているようなページは信用できません。

( えっ!!!  ボーグもってか・・・?(笑) )

当然のことですが、そんなページで薦める機材、薦める撮影方法、その他の記事も信用できません。
一事が万事です。

よく見かけるのが、コメントは褒めたたえているのですが、貼っている写真を見るとどうも写っていない。あれっ?と感じる方も多いでしょう。

特に鳥が大きく写った写真は、甘い画像の見分けがつかないようで、解像していると勘違いしている人が多いようです。
また、小さく縮小した画像でレンズの解像力の評価など出来るわけがありません。

ネットは書き放題ですので、見る側の責任です。

そこで、自画自賛コメントに騙されない「見極め力」が必要です。

というわけで、「解像力の見分け方」です。


カワセミ画像
カワセミ画像


2018年5月23日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, カワセミ

■ AFボーグ71FL カワセミ飛び出し

2016年08月01日

カワセミの飛び出しです。

 

カワセミに反応をしてしまい、レンズを下へ強く降りすぎて切れてしまいました。

 

AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3 カワセミ

 

ISO800
SS1/2500

 

トリミング縮小
2000×1332 ピクセル
 
カワセミ画像 BORG

2018年5月23日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, カワセミ

■ AFボーグ71FLカワセミ。

2016年08月06日

二泊して海釣りに行ってきました。
初日はキスの投げ釣り。

 

小さな入り江の砂浜で釣っていると、遠くで聞き覚えのある鳴き声。
しばらくすると少し近づいたようで、カワセミの声と確信。

 

そのあと海の上を一直線に岩場の方へ飛んで行きました。

 

らしき声は聞いたことはあったが、海でしっかり姿を見たのは初めてです。

 

AFボーグ71FL Canon 250D カワセミ。

 

ISO800
SS1/2000


ピント甘いです。

 

カワセミ画像 BORG


2018年5月23日(水)

AFボーグ, BORG 71FL

■ AFボーグ 71FL Canon 250D カワセミ

2016年08月10日

AFボーグ 71FL Canon 250D カワセミ です。

 

イマイチの画像ですが、
AFボーグ 71FLのカワセミ画像は大分県Yさんから良いのを頂いていますのでご安心下さい。(笑)

 

ISO 800
SS 1/2000
カワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORG

2018年5月23日(水)

AFボーグ, BORG 71FL

■ 大分県Yさん AFボーグ71FL カワセミ作品

2016年08月12日

明日から連休させて頂きます。
実は今朝も南紀に9時ごろまで釣りに行ってきましたが、もう帰りの対向車線では南へ向かう車が渋滞していました。

 

P.S. 現在ご注文を頂いている方で、昨日までにお支払い確認、発送出来なかったご注文につきましては、申し訳ございませんが17日以降に対応させていただきます。

 

大分県のYさんから頂いたカワセミの作品です。

 

71FLでは歩留まり良くなってきたそうです。

 

90FLではブレとの戦いと仰っています。
以前にも71FLのあとに90FLを購入頂いた時に「500mmのブレは凄まじいですね」と仰っていました。

 

400mmと500mmでは大きく違います。
しかし、単純に焦点距離の違うレンズの歩留まりなどを比較される方がおられます。

 

この辺りのことをHPにアップするため整理していますが、私の感じていることはこのブレの違いを認識されて対処しておられる方が、大きく写っただけの甘い写真ではなく、解像した絵の見極めも出来ていると思います。

 

トマリモノ ノートリ、80%に縮小。

 

トビモノ トリミング、40%に縮小。

 

——————————————————————–
Yさん

 

この度はいろいろと親切に対応して頂き本当に有難うございます。
改めてバーダーショップフジノ様からボーグを購入して本当に
良かったと思っています。
ここまでサポートして頂けるとは思っていませんでした。

 

感謝、感謝です。

 

私がカワセミを撮り始めようと思った時、すでに71FLを使用しているN様から
ボーグが良いと教えてもらいました。

 

その方は現在ニコンの500mmズームとボーグの2台体制で撮られていますが
飛びものはニコンが楽に撮れるが、解像力ではボーグが完全に勝っている様です。
その為、今度89EDを購入しようかなと言っています。

 

バーダーショップフジノ様の事を私が良く話すので購入する時は
是非利用したいと言っています。
その時には宜しくお願いします。

 

私の71FLは藤野様のアドバイスで鏡筒バンドを2個セットにしてからブレが相当に減少しました。
三脚も90FLで使用していたのを利用していますが、71FLでも利用できるように
雲台プレートを追加購入して取り付けました。

 

こうすれば両方のボーグセットがすぐにセット出来て、とても便利になりました

 

90FLで使用した時はブレとの戦いですが、71FLだとブレが非常に少なくなり
楽に解像した写真が撮れるようになったと思います。

 

そこで今回撮れた71FLでの画像を送ります。
(止まりものは以前の写真より解像しているような気がするのですが?)
飛びものは被写体ブレやピントのずればかりです。本当に難しいですね。

 

71FL AF1.7 Canon250D短縮 K-3です。

 

ISO320 SS1/640
ISO320 SS1/640
ISO200 SS1/800
ISO1250 SS1/1000 トリミング
ISO800 SS1/1000 トリミング

 

今後ともよろしくお願いいたします

 

——————————————————————–

カワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORG


2018年5月23日(水)

BORG 71FL

■ アメリカ在住 Sさん ムラサキツバメ

2016年08月19日

連休前に発送出来なかったご注文分につきましては昨日発送しました。
連休中にご注文頂いた分につきましては本日発送いたしました。
有難うございました。

 

アメリカ在住のSさんからAFボーグ71FLのムラサキツバメの写真を頂きました。

 

尾がツバメより短いようです。

 

一枚目が成鳥で、二枚目は幼鳥だそうです。

 

ISO400  SS1/320
ISO400  SS1/250

 

ノートリ、80%に縮小。

 

ムラサキツバメの写真を頂いた時に、カメラバッグが落下して修理に出していたそうで、「その間、ニコン機+ 400mm望遠ズームで撮影していたのですが、一度 BORG の画質を目にしてしまうとどうも通常レンズの画質には満足できず、
今更ながら 1.4 テレコンとニコン用のマウントアダプターも買っておけばよかったとちょっと悔やみました。」と仰っていましが、今日頂いたメールではニコン用の AF アダプターも手に入れられたということです。

野鳥画像 BORG野鳥画像 BORG


2017年11月29日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, カワセミ

■ 猛暑も幾分和らいでカワセミ撮影開始。

2016年09月05日

この夏、大阪は猛暑日の日数を記録更新しましたが、私もあまりの暑さで八月初めに撮影に行ってからは、撮影はせずに撮影の場所探しに専念していました。

 

先日、朝方は幾分暑さも和らいだので、ほぼ一か月ぶりに撮影しましが、日が当たり出すとやはりまだ暑いです。
この土日もまたぶり返して暑かったです。

 

今週は最低気温も下がってきそうで、朝の撮影は出来そうな気温になりそうです。

 

AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3

 

ISO800 SS1/2500

 

ノートリ、80%に縮小。
 
カワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORG

2017年11月29日(水)

AFボーグ, BORG 71FL

■ 「写りの悪い写真」イソヒヨ  AFボーグ 71FL

2016年09月12日

土曜は孫とサビキ釣りです。
汗かくかな思っていましたが(笑)、暑さも随分和らぎ、殆ど汗もかかずに釣りが出来ました。

 

写真はピントがまったく合っていないイソヒヨです。(笑)

 

朝から川を見て回っている時に、堰堤の魚道にカワセミが止まっているのを二度見たので、その後一時間ほど堰堤で待ってみましたがカワセミは来てくれませんでした。

 

堰堤では魚がどんどん下って行っています。
堰堤の下は凄い数の魚です。
それを狙ってシラザギやアオサギは常に居ます。

 

イソヒヨが準備していた距離より近いところに止まりましたので、AFのピント範囲からはずれ、それもAF動かして連写4枚目はカラでしたのでこの絵だけです。
どうにか尾の先辺りにピントが来てます。頭部のピントはかなりずれています。

 

上からの撮影で、イソヒヨがこちら向きですので、ピントの合う部分は少なくなります。
これが向こう向きで背中を撮るとピントの合う部分が多いのですが。

 

これからはこんな「写りの悪い写真」もアップしていきます。

 

AFボーグ 71FL+250D
1/2に縮小。
 
野鳥画像 BORG

2017年11月29日(水)

AFボーグ, BORG 90FL, カワセミ

■ 大分県Yさん AFボーグ90FL カワセミ  小鳥はほんとに小さい被写体です。

2016年09月13日

鳥が近くに止まってくれてチャンス!とばかりに撮影したものの、思ったより小さく写っていてトリミングしないと仕方がない。
おまけにブレなどで写りが甘く縮小すると小さい写真になってしまった。

 

皆さんも良く経験されていることと思います。

 

大分県Yさんも最近なかなか至近距離で撮れないと言うことで、90FL直AF(換算1,275mm)で撮影されたということです。
先日の71FLでのカワセミはかなり近いだろうと思っていました。

 

今回もまだ、十分に至近距離だと思いますが。(笑)

 

先日のアメリカ在住 Sさんから頂いたAFボーグ71FL アンナハチドリも、(ご本人には確認しておりませんがSさんもブログをお持ちのようでその記事では)最短前後で撮られてピントが合わせられないシーンもあったようです。

 

71FLのオリジナルセットは最短約5.1メートル(ドロチューブを伸ばせば約4メートル)ですのでかなり近いですが、

 

小鳥はほんとに小さい被写体です。

 

——————————————————————–
Yさん

 

お世話になります。

 

最近はなかなか至近距離で撮る事が出来なくなりました。
その為に90FLにしましたが今度は解像したのが撮れなくなり悩んでいました。

 

71FLではそんなに感じなかったのですが私が撮影している場所は竹藪なので三脚を立てた
場所の下が竹の根があるようで三脚が、がっちりしていなくてブレ写真ばかりでした。
自信がなくなってしまい初心に帰るつもりでAF直にし、ライブビューを使いながら撮ってみました。
久しぶりに90FLで何とか見れる写真が撮れましたの嬉しくなりました。

 

早速画像を送らせて頂きます。

 

90FL AF直 K-3 ライブビュー

 

ISO400 SS 1/400
ISO640 SS 1/640
ISO640 SS 1/640
ISO400 SS 1/160

 

90FL AF NO3短縮 K-3 手押しシャッター
ISO1250 SS 1/1600
——————————————————————–
 
カワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORG