野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

menu

ON_OFF

■ 病気療養のため長期休職中ということです

2018年7月10日

 

五月末の更新を最後に止まっていましたボーグのブログを、本日7月10日にブログを見たところ、

 

7月4日のに更新されていて

 

「また弊社中川ですが体調不良による病気療養のため長期休職しております。
(入院や手術といった状態ではございませんのでご安心ください。)」

 

ということで、まだ休んでいるようですが、

ご安心くださいとのことです。

 

どんなビョーキなのでしょう?

大丈夫でしょうか。

 

 

 

開発責任者が、

電話に出て、

注文受けて、

ブログも書いて、(これがまた、ダラダラ長くて読む気もしない。よくこれだけ書く時間があるなと笑いますが。)

大変でしょうね。?

 

最初はこんなメーカーもあるのかとビックリしました。

 

 


■ そうは問屋が卸しません。(当店在庫につきまして)

2018年7月10日

 

当店在庫につきまして、

メーカーの程度の低い在庫のやり方には、ほとほと愛想がつきましたので、

昨年より当店では本体セット品の在庫は置かないことに決定しました。
お取り寄せ対応とさせていただいています。

 

「そうは問屋が卸しません。」

あっ!  問屋は向こうか。(笑)

 


2018年7月16日(月)

お知らせ, ヤマセミ

■ 釣りをすれば、ヤマセミが見つかる。

2018年7月16日


今の季節は、ポッタリとした、驚くほど体高と厚みのあるアマゴです。
ずっしりしてます。(この日は11尾)
味も旨いです。何とも甘味があります。


5月26日時点で
「最近渓流の釣りに没頭しておりますが、3月の解禁からアマゴはすでに175尾釣りました。
笑うほど通っています。(笑)
超ハイペースな記録です。」
と言っていたアマゴ釣りですが、
その後も順調に釣行を重ね、
7月16日現在、264尾と目標の300尾をほぼ確実なものにしました。

釣行回数は23回ですので、
平均二ケタはキープ出来ました。

 

小鮎はその後三回行って400尾は釣りましたが、
小鮎釣りはもう止めです。
面白くありません。

 

今日は熊野まで遠征して下見と年券買ってきました。

 

 

ヤマセミ探しは渓流釣りに限ります。(笑)

解禁からこっち、見つけたヤマセミ五ヶ所。
アカショウビンの声、一ヶ所。


釣りをすれば、ヤマセミが見つかる。

 


2018年7月3日(火)

お知らせ, 未分類

■ パーツのみ の販売につきまして。

2018年7月3日

四月よりパーツのみの販売につきましては会員様(当店で本体セット、レンズを購入頂いた方)に限らせていただいています。

 


2018年6月21日(木)

お知らせ

■ 休んでいるようです。

6月4日には中川氏からのメールの返信があったのですが、

その後他のスタッフから体調不良でしばらく休むと聞いていましたが、

本日、確か去年の9月ごろからぶりになると思いますが、今日、久々にボーグブログを見てみると先月28日で止まっているようです。

(当方先月28日のブログしか見ておりませんので、もしかすると他で休業等案内されているかもしれません。)

 

 


2018年6月7日(木)

BLANCA 70ED, お知らせ, 撮影機材

■ 笠井トレーディング★★ 25周年記念セール/第2弾 ★★

笠井トレーディング★★ 25周年記念セール/第2弾 ★★

 

笠井トレーディング  25周年記念セール です。

かなりお得です。

 

 

高機能DXマイクロフォーカス接眼部

税込37,800円  ⇒  税込26,460円

高機能DXマイクロフォーカス接眼部は以前ボーグで同じもの(【9868】LMF-1)を税込56,365円で販売していたものです。

なんと半額以下です!

 

 

BLANCA-70ED

税込56,160円  ⇒  税込 47,736円

下の写真のキャリングケースがカメラやAFアダプターなども収納できて重宝します。

この一式で上の以前ボーグで販売していた【9868】LMF-1の単品価格 税込56,365円より安いです。(笑)


2018年6月6日(水)

未分類

■ 北海道Sさん作品 ハシブトガラ

北海道Sさんから頂いた作品です。

 

1.7×テレコンを付けるのと付けないのでは撮影の難しさは何倍にもなります。

二倍、三倍という程度の話ではありません。

 

 

Sさんの今回の画像はかなりの近距離でとられていると思います。

直焦点では撮影は格段に簡単になりますが、

やはりボケ味、立体感等の迫力の無い画像になりがちです。

インパクトのある絵を撮るにはやはり難しい撮影に挑戦されたら良いと思います。

 

 


北海道 Sさん

お世話になっております。
Borg71FLで撮影したハシブトガラの写真を送付させて頂きます。
見て頂けると嬉しいです。

PENTAX K-5Ⅱ
1.7xテレコン無しのMFで撮影しました。
テレコン無しですと、ファインダー像も明るくSSも出てとても撮影しやすく感じました。
SS  1/800 ISO 400

1.7xテレコンを使うとAFが使える事と焦点距離が1020mmになる魅力がありますが、
撮影をしていて、ブレを抑える事が本当に難しいと感じています。

——————————————————————–

 


2018年5月26日(土)

BORG 71FL

■ アメリカ在住 Sさん BORG71FL作品

最近渓流の釣りに没頭しておりますが、3月の解禁からアマゴはすでに175尾釣りました。

笑うほど通っています。(笑)

超ハイペースな記録です。

 

先日は小鮎の餌釣りに初挑戦し、今日は二回目の釣行で198匹釣りました。

アマゴと比べるととんでもない数です。

二人で行ったのですが、同行者も初めての餌釣りで、鮎が餌でこんなに釣れるのかと驚いていました。

 

 

 

アメリカ在住 Sさんから頂いたアンナハチドリの写真です。


最近マニュアルフォーカスで撮影されたそうで、
丁度Q&Aの作成を始めたタイミングですので使わせていただこうと思います。

 

BORG71FL

 

 


2018年5月23日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ 北海道 S.R様 作品 AF BORG71FL PENTAX K-5 II、K-5

北海道 S.Rさんからいただいた作品です。

 

AF BORG71FL   PENTAX K-5 II、K-5

 

——————————————————————–

S.Rさん

お世話になります。

藤野様よりBorg71FLを購入させて頂いてから2週間経ちまして、

難しいですが、撮影を楽しんでおります。

今まで、野鳥を撮影した事が無かったので全ての野鳥が初めての被写体です。

(カメラを買って1年も経っていない初心者です。)

まだまだ高解像とはいきませんが、写真を添付させて頂きます。


 

 


2018年5月23日(水)

解像力の見分け方, 野鳥

■ 「解像力の見分け方」のページにアニメ追加

 

「解像力の見分け方」のページにアニメ追加しました。

11枚の画像を使いましたが、10枚超えるとこれまでのやり方だと不都合が出てきて、これまでアップした分も後でごちゃごちゃにならないようやり直しました。これで何とか完成か?(笑)

 

今日は画像だけでなくページの一部をアップしてみました。

「攻略! デジボーグ」のページや新し作るQ&Aのページなどにこの方法でブログに少しづつアップしていきます。

ワードプレスはどうにでもなる感じで面白いです。

解像力の見分け方

解像力の見分け方のページです。

野鳥撮影で解像の見極めは大切な点です。

ボーグを使って行く上でも大切です。
また、自分の撮影した写真も見極めができてこそ上達できます。

今はネツトでブログ等で発信された作例を見れる時代ですが、
人は自分の買ったレンズは褒める傾向があります。 結局はサクラみたいなもんです。

メーカーも同様です。
自社製品は何でもかんでも絶賛するメーカーもあります。

どう見ても写ってない写真を貼って絶賛しているようなページは信用できません。

( えっ!!!  ボーグもってか・・・?(笑) )

当然のことですが、そんなページで薦める機材、薦める撮影方法、その他の記事も信用できません。
一事が万事です。

よく見かけるのが、コメントは褒めたたえているのですが、貼っている写真を見るとどうも写っていない。あれっ?と感じる方も多いでしょう。

特に鳥が大きく写った写真は、甘い画像の見分けがつかないようで、解像していると勘違いしている人が多いようです。
また、小さく縮小した画像でレンズの解像力の評価など出来るわけがありません。

ネットは書き放題ですので、見る側の責任です。

そこで、自画自賛コメントに騙されない「見極め力」が必要です。

というわけで、「解像力の見分け方」です。


カワセミ画像
カワセミ画像