お知らせ / カワセミと野鳥の写真撮影日記「ブレずに行こう!」
野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

menu

ON_OFF

2016年12月1日(木)

お知らせ

■ コシアカツバメの飛翔写真が「日本の美しい色の鳥」という図鑑に掲載されました。

50FLで撮影したコシアカツバメの飛翔写真が「日本の美しい色の鳥」という図鑑に掲載されました。
 
この図鑑は220ページほどあり、結構ボリュームがあります。
 
——————————————————————–
出版社: エクスナレッジ
 
内容・概要
 
日本に生きる野生の鳥たちを色別に愉しむ唯一無二の野鳥図鑑!
 
鮮やかな赤(丹)が際立つタンチョウ、翡翠色を輝かせて舞うカワセミ、深い森にすむ橙色のアカヒゲ、古来より敬われる純白のライチョウ・・・
あらゆる日本の色をまとった鳥たちを、美しい写真と読み応えのある解説に加え、詳細なデータで存分に堪能できる全く新しい図鑑です!
 
発売日:2016/12/01
3,024円(税込)
 

2016年10月24日(月)

お知らせ

■ パーツのみのお取り寄せにつきまして

当店では、在庫を置いていない商品のお取り寄せのうち、パーツのみのお取り寄せにつきましては、当店会員様(当店にてレンズ本体をお買い上げ頂いた方)に限らせていただいています。

 

その旨パーツ別ページでご案内していますが、
先日も会員様以外の方からお取り寄せとさせて頂いている【7761】M57ヘリコイドDXIIのご注文があり、すぐにお断りのメールを送信させていただいたのですが伝わていなかったようで、10日も経ってからご連絡を頂き、
お断りのメールを送信した日時と、そのメール内容を再度送信させて頂くことがあった次第です。

 

上記のようにパーツ別のページにお断りを記載しておりましたが、分かり難いようですので営業案内のページへもその旨記載いたしました。
 
 

2016年10月20日(木)

お知らせ

■ BS日テレ:ぶらぶら美術・博物館でミヤマホオジロの画像が使われます。

 

明日のBS日テレの

 

番組名 :ぶらぶら美術・博物館

 

放送日時:2016年10月21日(金) 20:00~20:54

 

でミヤマホオジロの画像が使われます。

 

昨日ご紹介したカワセミ画像の大分県Yさんですが、

 

「90FLのブレで悩んでいましたが、コツを掴んだようで
ライブビューの撮影ではなくても、ほとんどの写真がブレなしでした。

 

今度は写真の整理が大変になりましたが、・・・・」

 

とメールを頂きました。

 

解像写真が量産できるようになると、同じシーンの解像写真でもその中で微妙に優劣がありますので、その見極めが重要になってきます。

 

画像選別に関してのPDFも追加します。

 

また、PDF版でもっと早く出来るつもりだった「カワセミの探し方、写し方」も、
「カワセミとヤマセミの探し方、写し方」としてこれからの見つけ易いシーズン前に、
まずは「カワセミとヤマセミの探し方」を仕上げる予定です。

 

野鳥画像


2016年10月9日(日)

お知らせ

■ ミヤマホオジロの画像がBS番組に!

BORG90FLで撮影したミヤマホオジロの画像がBS番組で使われます。

「提供:バーダーショップ フジノ」とクレジット表記されます。(笑)

実は近々にもう一件お知らせできると思います。

 

野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像


2016年9月8日(木)

お知らせ

■ お知らせ

ごく稀ですが、当店にも55FLの問い合わせがあります。

 

55FLは焦点距離が短いため、当店では取り扱いしておりません。
ホームページにもその旨記載しました。
(当店お得意様のお取り寄せは対応させていただきます。)

 

50アクロ(250mm)に1.7×AFを付けても野鳥撮影においてはその焦点距離の短さを実感したからです。

 

今回ホームページへ記載するに際して、グーグルで「BORG 55FL 野鳥」で検索してみましたが、トップの画像一覧には私の90FL等撮影の画像が出てきているぐらいで、やはり55FLのまともな野鳥作例は無いのですが、

 

それとは別に何やら55FL激安のサイトや、リンク切れのサイトが沢山ヒットしたのが気になりました。

 

? と思いましたので、お知らせです。
 

2016年8月8日(月)

BORG 89ED, BORG 90FL, お知らせ

■ 90FL、89ED新オリジナルDXセット【7780】 と 【8992】

90FL、89ED新オリジナルDXセット、テレコン付きはまだですがカート準備しました。

 

写真が【77491】ドロチューブホルダー(税込:7,694円)の代わりの

 

【7780】 ドロチューブホルダーDX(税込:8,400円) と
【8992】 マルチアルカスイス台座N(税込:9,800円)

 

です。

 

【7780】【8992】合計18,200円【77491】との差額10,506円の単品価格合計アップになります。

 

この度、当オリジナルセットはメーカー標準の望遠レンズセットに先行してセット変更になります。

 

近々にメーカー望遠レンズセットも【77491】ドロチューブホルダーBKを組んだセットが完売し、セット内容変更となる分けですが、まだ変更後の価格等が決まっておりません。 

 

そのため、メーカー望遠レンズセットでも【77491】が完売し、新セットの価格が決った時点で当オリジナルセットも価格アップさせて頂くこととし、しばらくは当オリジナルセットは旧価格のまま据え置きさせて頂くことに致しました。
BORG

2016年6月17日(金)

お知らせ

■ 「攻略! デジボーグ」のページ更新しました。

 

梅雨に入って条件悪い時に撮ってもろくな写りになりませんので、今のうちにと先週からHP作成に専念しています。

 

先週ご案内した通り、今週は

 

 

のページ主体で更新しました。

 

 

 

のページのツバメの飛翔写真も適当に縮小したものでしたが、等倍でアップできるものは等倍に、その他も大きい表示に入れ替えました。
また、画像も追加しました。

 

「攻略! デジボーグ」は来週も引き続き更新します。

 

 

ツバメ飛翔 ツバメ飛翔 ツバメ飛翔 ツバメ飛翔野鳥


2016年4月28日(木)

BORG 71FL, お知らせ, カワセミ, 機材

■ 鹿児島県Hさん作品  と  フルサイズ(PENTAX K-1)について。

 

鹿児島県 Hさんからいただいた作品です。
ブラインドを使われるようになり、Hさんからもカワセミの作品を頂くようになりました。

 

カワセミが来てくれた時には日が陰ったそうです。
71FL+1.4テレコンDG+K-3

 

上から
ISO 800 SS 1/320
ISO 800 SS 1/250
ISO 800 SS 1/200

 

ノートリ縮小

 

 

 

お客さんからペンタックスのフルサイズのK-1の話題が何回か出ました。

 

写真は色々な被写体があり、カメラも人それぞれ好きなカメラを使えば良いわけですが、
私は鳥以外には殆ど使わないのでフルサイズで野鳥を撮ろうなどと思ったことは一度もありません。

 

見よう見ようと思っていたK-1のメーカー仕様ページも正直今日初めてを見たところです。
フルサイズは興味がないので3000万画素台ということと連写速度は4コマ台ということぐらいしか知りませんでした。

 

私がデジタル一眼レフで野鳥撮影を始めた理由はフィルムでなく何枚でも撮れるということと、もう一つは焦点距離が1.5倍に大きく写るということですのでフルサイズは考えたこともありません。
キットの300mmズームにケンコーの1.5×テレコンをつけて野鳥撮影を始めましたが焦点距離が全く足らずすぐに400mmを購入。
今でもこの35mm換算900mm(1.4×テレコンで換算840mm)辺りが野鳥撮影の最低ラインだと思っています。

 

フルサイズで現在のAPS-Cの 2400 万画素に見合う 5600 万画素ぐらいの画素数と、同等の連写速度があればトリミングで使うのも良いでしょうが、
K-1は 3640 万画素ですのでAPS-C分は約 1540 万画素、
連写速度がフルサイズで 4.4 コマ/秒。

 

2009年発売のK-7が 1460 万画素、5.2 コマ/秒ですのでそれと同じぐらいです。

 

APS-Cの 2400 万画素等倍でビシっと来た時の解像感を味わった者がその画素数に戻れません。

 

APS-Cでもトリミングしている人が、フルサイズで撮って結局APS-C相当分より小さくトリミングしてたら何してるこっちゃ分かりまへん。(笑)

 

先日ご紹介した大分県Yさんが撮っておられるような近距離のトビモノを狙うには良いでしょうが、隅っこに入った写真撮って大トリしても面白みもありません。

 

まあ、要は結果ですからフルサイズであろうが何であろうが、結果の良い写真がコンスタントに撮れれば良いわけです。

 

どう見ても写ってない写真で自画自賛してても話になりませんが。(笑)

 

それでは明日から連休させて頂きます。

 

 

カワセミ 画像 カワセミ 画像