機材 / カワセミと野鳥の写真撮影日記「ブレずに行こう!」
野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

menu

ON_OFF

2018年6月7日(木)

BLANCA 70ED, お知らせ, 機材

■ 笠井トレーディング★★ 25周年記念セール/第2弾 ★★

笠井トレーディング★★ 25周年記念セール/第2弾 ★★

 

笠井トレーディング  25周年記念セール です。

かなりお得です。

 

 

高機能DXマイクロフォーカス接眼部

税込37,800円  ⇒  税込26,460円

高機能DXマイクロフォーカス接眼部は以前ボーグで同じもの(【9868】LMF-1)を税込56,365円で販売していたものです。

なんと半額以下です!

 

 

BLANCA-70ED

税込56,160円  ⇒  税込 47,736円

下の写真のキャリングケースがカメラやAFアダプターなども収納できて重宝します。

この一式で上の以前ボーグで販売していた【9868】LMF-1の単品価格 税込56,365円より安いです。(笑)


2016年12月29日(木)

機材

■ 「焦点距離の話」

写真は「紀伊半島カワセミ奮戦記」にアップしている古い画像です。
 
125SD(750mm)、101ED(640mm)、45EDⅡ(325mm)です。
 
この三本、口径と焦点距離はこれだけ違いますが、F値は殆ど同じです。
 
F値が同じとみてこの三本でその焦点距離に応じて鳥との距離をとって同じ大きさに写した場合、
最も解像写真を撮り易いのは45EDⅡです。
F値が同じなら焦点距離が長い方が格段に難しくなります。
 
ただ、45EDⅡは何が難しいかというと鳥に近づかなければならないという点です。
101EDの半分の距離に近づかないと同じ大きさに撮れないわけです。
 
以前お客さんがクローズアップレンズで短縮するのとしないのでは難しさが全く違いますねと話されました。
その時私は倍の倍ぐらい難しいと思ってますと答えたことがあります。
 
大分県のYさんも71FLの次に90FLを購入いただいた時に「500mmのブレは凄まじいですね。(AFアダプターをつけての話ですが)」と仰っておられました。
 
一方、焦点距離の違うレンズの歩留まりを単純に比較する方もおられます。
焦点距離の長さの違いをあまり重く考えておられないようです。
 
焦点距離が違えば撮影の難しさも全く違います。
望遠撮影で焦点距離が長いということは大変なことです。
 
仮に400mmF5.6口径71mmと 一段分長い560mmF5.6口径100mmのレンズがあるとします。
この場合同じF値で一段分長いので560mmF5.6の撮影は400mmF5.6より一段分難しくなります。
560mmで400mmF5.6と同じような歩留まりを得ようとすれば、もう一段明るいさらに口径の大きいレンズ(560mmF4口径140mm)が必要になります。
 
ましてや400mmF5.6を1.4倍テレコンで560mmにした場合は焦点距離が一段長くなる分歩留まりが悪くなる上に、F値も一段分暗くなり、シャッタースピードが遅くなりますので撮影は倍の倍難しくなります。
実際にはそれだけではなく、焦点距離が長くなると鳥を捉えることも難しくなりますので難易度はさらに上がります。
 
テレコン等で焦点距離を長くするということはそれだけ難易度は上がるということを十分意識して撮影することが大事だと思います。
 
焦点距離の長さの違いのブレの凄さを十分感じられている方が、解像写真を撮られているのだと思います。
 
以上を「攻略! デジボーグ」のページにアップしました。
 

2016年12月5日(月)

機材

■ 笠井トレーディング接眼部 三機種の外観の比較

 
笠井トレーディングの三機種の写真です。
 
上から
 
V-Power接眼部
高機能DXマイクロフォーカス接眼部(旧LMF-1)
屈折用マイクロフォーカス接眼部
 
三機種の外観の比較です。
 
V-Power接眼部、高機能DXマイクロフォーカス接眼部は
ドロチューブにもキズに強いマットブラック強化アノダイズ処理がされ、また、ノブの高級感も感じられると思います。
    V-Power接眼部 高機能DXマイクロフォーカス接眼部(旧LMF-1) 屈折用マイクロフォーカス接眼部

2016年12月4日(日)

機材

■ 機材紹介  合焦装置 クレイフォード式とラック&ピニオン式。

「攻略デジボーグ」のぺージにアップする機材写真です。
 
笠井トレーディングの三機種(クレイフォード式)
上から
 
V-Power接眼部(最上位機種)
高機能DXマイクロフォーカス接眼部(旧LMF-1)
屈折用マイクロフォーカス接眼部(エントリーモデル)
 
とボーグの新製品 ラックピニオン接眼部(4枚目)です。
 
笠井トレーディングの三機種は後日、見た目の高級感や動きの違いなど今回撮影した写真と、動画で分かり易いように説明します。
 
同じように見える合焦装置ですが、
クレイフォード式とラック&ピニオン式があります。
 
それぞれの長所と短所があります。
 
クレイフォード式はギアではなくローラーシャフトをドローチューブに当てて摩擦で動かす方式で、
長所はそのために遊びがなく、また、軽い力で回転ができるので機材を揺らすことが少なくピント合わせがし易い点です。
 
短所はローラーシャフトの圧の調整具合によりますが、重いカメラをつけて上に向けた時、滑って空回りしてしまうことがあることです。
 
私も101EDで今のエントリーモデルの屈折用マイクロフォーカス接眼部の前の機種を使い始めた頃、
木の上の方に来た鳥を撮ろうといくらピントを合わせようと回しても合わない。
訳が分からず難儀したことがあります。(笑)
その後は滑ったことはないです。(今はそんな上を向けて撮ることもありませんが。(笑))
 
現在の高機能DXマイクロフォーカス接眼部やV-Power接眼部は滑り止めにダイヤモンドパウダーコーティングがされています。
ただ、ローラーの圧が緩んでいて現場でを調整したいこともありますので、六角レンチは携行した方が良いです。
 
ラック&ピニオン式は
ギアの噛み合わせで動きますのでクレイフォード式と違って滑ることはありません。
 
ラック&ピニオン式の一般的に言われる短所はバックラッシュ(遊び)があることです。
 
一方向に動かす場合には問題ないのですが、ピント合わせの場合はピントのピークを行ったり来たりしてピントを追い込みます。
そして最後は勘で一戻しするのですが、この反転する時に遊びがあるとピントが合わせ難くなります。
最後に戻したつもりが戻っていない(ピントが合ったつもりが合っていない)ということが起こり易くなります。
遊び分を感じてピント操作することが必要です。
   V-Power接眼部
高機能DXマイクロフォーカス接眼部(旧LMF-1)屈折用マイクロフォーカス接眼部ラック&ピニオン式

2016年7月30日(土)

機材

■ ブラインドに扇風機、快適です!(笑)

ブラインドに扇風機つけました。(笑)

 

風が暑いのは暑いですが、なかなか快適です。

 

うちわや扇子で扇ぐとブラインドの生地がゆらゆら揺れてしまいますが、これなら大丈夫です。

 

小さい方は「おでかけカトリス」です。(笑)
 
 
 
 

2016年7月5日(火)

BORG 89ED, 機材

■ BORG 89ED 周辺像

 
BORG 89EDでは撮影していなかった屋根の写真です。

 

一枚目は直焦点

 

二枚目は250D短縮です。

 

左右対象になっていません。

 

一枚目はもう少し左に、

二枚目は左に行き過ぎました。




HPに書いた通り焦点距離が長いと殆ど気にならない周辺像です。
 




2016年4月28日(木)

BORG 71FL, お知らせ, カワセミ, 機材

■ 鹿児島県Hさん作品  と  フルサイズ(PENTAX K-1)について。

 

鹿児島県 Hさんからいただいた作品です。
ブラインドを使われるようになり、Hさんからもカワセミの作品を頂くようになりました。

 

カワセミが来てくれた時には日が陰ったそうです。
71FL+1.4テレコンDG+K-3

 

上から
ISO 800 SS 1/320
ISO 800 SS 1/250
ISO 800 SS 1/200

 

ノートリ縮小

 

 

 

お客さんからペンタックスのフルサイズのK-1の話題が何回か出ました。

 

写真は色々な被写体があり、カメラも人それぞれ好きなカメラを使えば良いわけですが、
私は鳥以外には殆ど使わないのでフルサイズで野鳥を撮ろうなどと思ったことは一度もありません。

 

見よう見ようと思っていたK-1のメーカー仕様ページも正直今日初めてを見たところです。
フルサイズは興味がないので3000万画素台ということと連写速度は4コマ台ということぐらいしか知りませんでした。

 

私がデジタル一眼レフで野鳥撮影を始めた理由はフィルムでなく何枚でも撮れるということと、もう一つは焦点距離が1.5倍に大きく写るということですのでフルサイズは考えたこともありません。
キットの300mmズームにケンコーの1.5×テレコンをつけて野鳥撮影を始めましたが焦点距離が全く足らずすぐに400mmを購入。
今でもこの35mm換算900mm(1.4×テレコンで換算840mm)辺りが野鳥撮影の最低ラインだと思っています。

 

フルサイズで現在のAPS-Cの 2400 万画素に見合う 5600 万画素ぐらいの画素数と、同等の連写速度があればトリミングで使うのも良いでしょうが、
K-1は 3640 万画素ですのでAPS-C分は約 1540 万画素、
連写速度がフルサイズで 4.4 コマ/秒。

 

2009年発売のK-7が 1460 万画素、5.2 コマ/秒ですのでそれと同じぐらいです。

 

APS-Cの 2400 万画素等倍でビシっと来た時の解像感を味わった者がその画素数に戻れません。

 

APS-Cでもトリミングしている人が、フルサイズで撮って結局APS-C相当分より小さくトリミングしてたら何してるこっちゃ分かりまへん。(笑)

 

先日ご紹介した大分県Yさんが撮っておられるような近距離のトビモノを狙うには良いでしょうが、隅っこに入った写真撮って大トリしても面白みもありません。

 

まあ、要は結果ですからフルサイズであろうが何であろうが、結果の良い写真がコンスタントに撮れれば良いわけです。

 

どう見ても写ってない写真で自画自賛してても話になりませんが。(笑)

 

それでは明日から連休させて頂きます。

 

 

カワセミ 画像 カワセミ 画像


2016年1月21日(木)

機材

■ 鹿児島県 Hさん 自作ブラインドテント。

 

鹿児島県 Hさんから頂いた自作ブラインドテントの写真です。

 

テントを細かく縫われていますが、これは大変なだったと思います。
中へ入ったり出たり、生地はパンと張っているし、簡単縫えません。

 

私も日よけテントを使って経理部長と二人用のブラインドも作っていますが、マジックテープを縫いつけるだけでも大変でした。
それで立テントの時はマジックテープを接着剤で貼り付けただけで済ませました。

 

6番目の写真は私のテントでその後改良している部分です。
両サイドの上から下まで紐を貼り、フックをつった紐もつけました。

 

風の強いときはフックを三脚にかけるなどしてテントの天井を引っ張り安定させます。
上下の紐は三脚の足と一緒に持つとテントごと持ち上げることができるので移動できます。

 

——————————————————————–
Hさん

 

(前回コメント再掲)
今回は、Birder Shop Fujino 様のブログの中で見て、着替え用のテントを
ネットで購入し、三脚の1本の足を出すところと窓を4ヶ所つくり
全部で5か所ファスナーを付けました。
ぼつぼつ作ること約1か月かかりその甲斐あって今日初めて
テントを使って撮ったのがこのルリビタキ♂です。

 

(写真を送って頂いたコメント)写真1~3
テントの素材は手縫いでは上手くできず見た目はかなり悪いです。

 

望遠鏡を出す正面の窓は3方向に約40㎝、三脚の足を出す所は
約60㎝、3ケ所の小窓は2方向に約25㎝カッターで切りファスナーを取り付けました。
また、テントの一番下4ヶ所(地面につくところ)にはトラックシート用の補修テープを
貼り付けました。

 

テントの写真は77EDⅡです。

 

このテントは軽く収納も簡単です。
ただ仕方のないことですが風に弱いですね。

 

テントを使うのと使わないのとは鳥との距離が変わってきま すね。

 

今度は正面の窓に内側から迷彩ネットを取り付けたいと思っています。

 

(改良後)写真4~5
ワンタッチテントを改造しました。

 

ファスナーを取り付けた窓3ヶ所(前と左右)に
迷彩ネットを取り付けましたが、先日撮影途中に
テントを外から見てみました。
迷彩ネットを取り付けても中がかなり透けて見えています。

 

そこで今は使われない黒色の分別収集ごみ袋(45L)用を
カッターで裂いて両面テープで取り付けました。

 

これなら外からもほとんど中が透けて見えません。

 

——————————————————————–