野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

menu

ON_OFF

2019年1月10日(木)

BORG 77EDⅡ

■ 長崎県Kさん BORG、77EDⅡ PENTAX K-5IIs作品 と 「攻略! デジボーグ」のページを大幅更新中

2015年01月19日

 

長崎県Kさんからミサゴとイソヒヨドリの作品をいただきました。


残念ながらイソヒヨドリはドンブリ模様が出てしまったようですが良く写っています。
鳥が良く写っているので立体感も引き立ちます。


ドンブリ模様はどうも羽毛の写る大きさと1画素の大きさとの兼ね合いで出やすい距離がありますね。
RAWで撮っていれば出てしまった場合は解像感は犠牲にしてシャープネスの種別の変更で軽減も可能ですが。


イソヒヨドリはノートリ等倍をファイル容量だけ落とさせて頂きました。
BORG 77EDⅡ PENTAX K-5IIs

先日より  「攻略! デジボーグ」  のページを大幅更新しています。


本日は以下の「ヘリコイド、LMF-1、MMF-1」をアップしました。


「ヘリコイド、LMF-1、MMF-1」

デジボーグでピントを合わす為の大切なパーツです。

ピントは合わすと言うより山を掴むものです。
これは光学ファィンダーであろうが、EVFであろうが同じです。
ピントのピークはそれを行き過ぎて初めて先のところがピークであったことが分かります。

よくEVFでピントが合せ易いとコメントしながらも非常にピントの甘い写真を貼っているのを見かけますが、山を掴んでないからだと思います。

ミニボーグはM57ヘリコイドLⅢのみで近距離までピント合わせができます。ドロチューブの出し入れはほぼ必要ありません。
90FL、89ED、77EDⅡのヘリコイドMではドロチューブの出し入れと併用してピントを合わす感じになります。
LMF-1ですと伸縮幅が75mmありますので、上の表1からBORG77EDⅡならドロチューブを使わなくても 4.5mぐらいまでピントを合わすことができます。鳥の場合、無限に合う必要もないのであらかじめドロチューブを少し引き出して固定しておけば、さらにその分近くまで合焦することができます。
鳥はこちらから近づくと逃げてしまいますが、じっと待っていると案外近くに留まってくれますので最短は大事です。

ヘリコイドのお勧めはM57ヘリコイドLⅢです。
ボーグは本来天体望遠鏡ですから近距離にピントを合わす必要が無いからかヘリコイドの伸縮幅が小さく鳥には不向きです。
M57ヘリコイドLⅢは前後同時に繰り出してきて回転に対して伸縮が大きく、素早くピントを合わせる必要のある野鳥用には適しています。 リング3/4回転で35mm伸縮します。
上の表1をのように35mm伸縮があれば、77EDIIでもヘリコイドのみである程度の範囲のピントが合わせることができます。
鳥はじっくりとピントを合わす事ができるケースを待っていてはなかなか撮影できません。
また、超望遠では仮に鳥が静止してくれても、こちらの振動で揺れてピントが確認し辛い点があります。
ピントを合わすというより、いかに早くピントの山を掴むかが大切です。
ピッチの小さい微動過ぎる伸縮ではこの山が掴み難くなります。飛んでいる鳥にピントを合わすのもそうです。
この点M57ヘリコイドLⅢは程よいピッチで使い易いです。


ヘリコイドの難点は前後の重量で動きが渋くなることです。 また、伸びた状態では多少のたわみは出ます。
私が使用していたマニュアルレンズSMC PENTAX 500mmF4.5もヘリコイドが非常に重くなりました。このような経験があると直進式のヘリコイドの重さによる渋さは当然と言えば当然ののことなのですが、今までインナーフォーカスを使ってこられてこのようなマニュアルレンズを使ったことのない人は戸惑われるかも知れません。


LMF-1、MMF-1の難点は微動が微動過ぎる点です。微動過ぎると山が掴み難いのと鳥の動きについていけません。この点はやはり天体向きです。微動の操作に工夫が必要です。
良い点は粗動の動きが大きいことです。鳥を見つけてファインダに捉える際、また、鳥の遠近の動きに対しての対応がヘリコイドより速くできます。この点は特にAFボーグに向いています。
LMF-1、MMF-1のたわみは非常にしっかりしていて殆ど感じません。
MMF-1についてはチューブが細いため後方にテレコン等が直接接続できないなどの制約がありますので注意してください。

 

イソヒヨドリ ミサゴ

 


■ 案の定、BORG 71FL、BORG 77EDⅡ生産終了です。   今日もビールが旨い、乾杯!

71FL・77EDⅡ 生産終了です。

 

先日、8月1日現在のメーカー在庫表で71FLが納期未定になっていると書きましたが、
昨日ボーグからメールが来たのでHPを見てみると、ブログには載っていませんが、
製品情報で生産終了となっています。

 

やはり予想通り生産終了でした。
ボーグは分り易いです。(笑)

 

動きの良い71がまず、納期未定で、
次は90、その次77か予想していましたが、
71と77が同時にきました。

 

今日も暑くてビールが旨い

乾杯!


2017年9月4日(月)

AFボーグ, BORG 71FL, BORG 77EDⅡ

■ 鹿児島県 Hさん作品 アオサギ他 AF BORG

鹿児島県 Hさんから頂いた作品です。 随分前にいただいたもので、ご紹介が大変遅くなり申し訳ございません。 Hさんからは新ブログは見易くなったとメール頂きました。   今日は一枚目だけ面白い掲載の仕方をしてみました。 一枚目のアオサギの画像にマウスの乗せるとぐ~んと拡大すると思います。 さすがHさんの画像、迫力あります。 Google Chrome以外のブラウザでは不鮮明になっているかも知れません。 (スマホ等小さい画面では拡大しません。また、後日通常のサムネイルの大きさ(横1500ピクセル)に戻させていただくかもしれません。)   1~3枚目はノートリ等倍です。 他は70%に縮小。キセキレイはトリミングさせて頂きました。   ——————————————————————– Hさん 今年の冬は少なかった野鳥ですが、3月末頃からは一段と野鳥が少なくなり 4月の中旬頃から撮影に行っていません。 カワセミもカップルになってから来なくなりました。 カワセミを撮った時に一緒に投稿しようと思い3月に撮った写真ですが遅ればせながら 今回送信します。 キセキレイの水浴びとアオサギの毛繕いは71FL+FAF1.7+№4で撮影。 コサギ、バン、アオサギのアップは77EDⅡ+FAF1.7+№4で撮影しました。   ——————————————————————–   野鳥画像 野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像

2017年3月25日(土)

AFボーグ, BORG 71FL, BORG 77EDⅡ, 野鳥

■ 鹿児島県 Hさん作品 AFボーグ77EDⅡ  71FL

鹿児島県 Hさんから頂いたジョウビタキ他の作品です。
ジョウビタキやルリビタキはテリトリーを巡回してきます。
地鳴きが聞こえてくるので、よそ見してても分かり易いです。
この鳥は居ついている個体を待ちの撮影が良いです。
私は今日はヤマセミ観察です。
去年はまずトマリモノ撮影し、
その後横飛びのシーンを撮影しているうちにお天気が悪いのと梅雨入りで終了しました。
今年は別のシーンを狙いたいので、どこでどうシャッター切るかの観察です。
ISO 400 SS1/400  77EDⅡ+FAF1.7+№4+K-3 等倍
ISO 200 SS1/1250  71FL+FAF1.7+№4+K-3 等倍
ISO 400 SS1/1000  77EDⅡ+FAF1.7+№4+K-3 80%に縮小。
ISO 400 SS1/640  71FL+FAF1.7+№4+K-3 80%に縮小。
——————————————————————–
Hさん
・・・・・ジョウビタキ♂は必ず止まる木がありその前で三脚を構えて
かなり近くで待っていても必ずと言っていいほど来ます。
——————————————————————–
  野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像

2017年3月24日(金)

AFボーグ, BORG 77EDⅡ, カワセミ

■ 福島県 Oさん カワセミ他 AFボーグ 77EDⅡ

お客さんから頂いた作品のご紹介が遅れています。
申し訳ありません。
 
今日は福島県Oさんから今月初めに頂いていたカワセミと昨日頂いたエナガとベニマシコです。
 
エナガとベニマシコの絵が荒れているようなのでお尋ねするとライトルームで自動補正したためのようでした。
 
AFボーグ 77EDⅡ
 
ISO 200 SS 1/400
ISO 400 SS 1/1250
ISO 400 SS 1/400
 
当方でトリミング、1/2に縮小。
 
——————————————————————–
Oさん
 
お世話になってます。少しだけ時間取れたので、道路からで少し遠いですがベニマシコとエナガ撮って来ました。まだまだブレのせいか甘いですが、見て頂きたくアップしました。
カメラ内現像してみました。
 
——————————————————————–
  カワセミの画像野鳥の画像野鳥の画像

2017年3月8日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, BORG 77EDⅡ, カワセミ, 野鳥

■ 鹿児島県 Hさん カワセミ他 AFボーグ71FL AFボーグ77EDⅡ

先日より71FLが品切れしておりましたが、90FLも品切れしてしまい、開店休業状態になりました。(笑)
 
今月は昨日も言いましたようにヤマセミ、カワセミの良い時期で、
渓流釣りも今月が各河川とも解禁月です。
 
丁度良い機会でもあり、勝手ではございますが、今月は臨時休業を多く取らせていただきます。
 
パーツのご注文は通常より2~3日お時間を頂くこともあると思いますがご了承ください。
 
今日の画像は鹿児島県 Hさんから2月27日のミサゴの画像の先に頂いていた作品です。
ご紹介が大変遅くなりました。
 
——————————————————————–
Hさん
 
今回も写りはいまいちですが久しぶりにコゲラとシロハラ、ホオジロを撮りました。
コゲラ、ホオジロは71FL+FAF1.7+№2+K-3で撮影。
カワセミ、シロハラは77EDⅡ+FAF1.7+№4+K-3で撮影しました。
 
——————————————————————–
 
ISO 400 、 SS 1/640
ISO 400 、 SS 1/1250
ISO 400 、 SS 1/640
ISO 400 、 SS 1/400
ISO 200 、 SS 1/500
 
1枚目は 等倍です。
他はノートリ縮小
カワセミの画像
野鳥の画像カワセミの画像野鳥の画像野鳥の画像

2017年2月22日(水)

AFボーグ, BORG 77EDⅡ, 野鳥

■ 福島県 Oさん 作品 BORG 77EDⅡ PENTAX K-3

福島県Oさんから頂いたヒヨドリです。
 
考えてみたら雪の中の野鳥写真は撮ったことがありません。
 
去年分のお客さんの作品ページのアップが大変遅れました。
 
明日何とかアップできるかと思います。
 
あまり多くても見辛いので横3列で20段、60枚ぐらいアップのつもりでしたが何の何の。
 
とても60枚に絞れません。
 
——————————————————————–
Oさん
 
お世話になってます。あれ以来中々撮りに出られず、庭でメジロと思いましたがヒヨドリしか来ませんでした。
写りは悪くないかと思いましたので、見て頂きたくアップしましたので、宜しくお願いします。
 
——————————————————————–
 
BORG 77EDⅡ PENTAX K-3 AFつけておられるかも知れません。
 
ISO 200  SS 1/100
 
50%に縮小
野鳥の画像

2017年2月9日(木)

AFボーグ, BORG 77EDⅡ, カワセミ, 野鳥

■ 鹿児島県Hさん作品 ツグミ、カワセミ AFボーグ77EDⅡ。

鹿児島県Hさんから頂いたツグミとカワセミの作品です。
 
一枚目のツグミは凄いです。
良く写っています。
 
ただ、大きいだけの画像ではありません。
 
こういうノートリのドアップは構図も微妙で難しいです。
 
まあ、トリミングしたドアップなど、あんなもんドアップとは言いませんが。(笑)
 
一枚目は等倍。
二枚以降は80%に縮小。
 
ISO400  SS1/500
ISO400  SS1/500
ISO400  SS1/640
ISO400  SS1/1000
 
——————————————————————–
Hさん
 
お世話になります。
カワセミ狙いで待っていたら足元付近でツグミが水飲みに。
ドロチューブとLMF-1を最高に伸ばしてもピントが合わず、
少し離れて行った所でシャッターを切りました。
 
77EDⅡ+FAF1.7+№4+K3で撮影しました。
 
——————————————————————–
  野鳥の画像野鳥の画像カワセミの画像カワセミの画像

2017年1月23日(月)

AFボーグ, BORG 77EDⅡ, カワセミ

■ 鹿児島県Hさん作品 カワセミ他 AF BORG77EDⅡ

近くの公園で昨日やっとツグミが見れるようになりました。
 
鹿児島県Hさんから頂いたカワセミ他の作品です。
 
一枚目と三枚目は等倍トリミング画像。
二枚と四枚目ははそのノートリ縮小画像。
カワセミは70%に縮小。
 
ISO400  SS1/400  AC№5
ISO400  SS1/250  AC№4
ISO800  SS1/1600  AC№5
ISO400  SS1/1000 AC№5
 
——————————————————————–
Hさん
 
お世話になります。
今季の冬は昨年より特に野鳥が少ないようです。
 
バンとカワセミの写真を添付します。
バンとカワセミは77EDⅡへクローズアップレンズ№4と№5を
使用してAF撮影してみました。
 
写真すべて77EDⅡ+FAF1.7+K-3で撮影しました。
 
——————————————————————–
    野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像カワセミの画像カワセミの画像

2017年1月12日(木)

AFボーグ, BORG 77EDⅡ, カワセミ, 野鳥

■ 鹿児島県Hさん 高解像カワセミ作品 他 AFボーグ77EDⅡ

今日もユーザーさんの高解像カワセミ作品です。
 
鹿児島県Hさんから頂いたカワセミ他の作品です。
 
頂いたメールに私が返信させて頂いた内容です。
 
>もしかしたら求愛のためかと思ったりして…
 
「おそらくそうではないでしょうか。
真冬でも雄雌見ますし、一般に言われる繁殖等の行動より、現実はもっと多彩なものがあると思います。
 
ヤマセミは冬でも単独でしか見れないことは少ないです。
 
縄張りなどとと言っても、ええ加減なものだと思っています。
自分の縄張りに他人が入ってきたら怒りますが、他人の縄張りを侵さないようにしようなどという考えはさらさらないと思います。(笑)
 
カワセミ、ヤマセミを観察していると色々考えが巡ります。
 
ISO400 SS1/640
ISO400 SS1/640
ISO800 SS1/500
ISO400 SS1/500
 
ノートリ、等倍。
 
——————————————————————–
Hさん
 
お世話になります。
 
カワセミの違う個体が来るようになりました。
冬にしては暖かい日が続きましたが、この前はカワセミの♂が
小魚を獲り食べる様子もなく逆さに加えて持って飛んで行きました。
もしかしたら求愛のためかと思ったりして…
 
ジョウビタキ、バン、カワセミの写真を添付します。
 
ジョウビタキは77EDⅡ+1.4テレコン+K-3
バンは77EDⅡ+FAF1.7+№4+K-3
カワセミは77EDⅡ+FAF1.7+№4+K-3で撮影しました。
 
——————————————————————–
  カワセミの画像カワセミの画像野鳥の画像野鳥の画像