BORG 71FL / カワセミと野鳥の写真撮影日記「ブレずに行こう!」
野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

menu

ON_OFF

2017年3月14日(火)

AFボーグ, BORG 71FL, カワセミ, 野鳥

■ 空中モノ 残り カワセミ、セキレイ、ジョウビタキ AFボーグ71FL。

昨日のシロハラ以外の空中モノです。
カワセミ、セキレイ、ジョウビタキ。
 
シロハラの前にジョウビタキがウロウロしてくれたのですが、最初はシャッターのタイミングが合わずジョウビタキは着地後の写真ばかりでした。
 
トリミング縮小。
ISO 800
SS 1/2500
 
AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3
野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像カワセミの画像カワセミの画像

2017年3月13日(月)

AFボーグ, BORG 71FL, 野鳥

■ シロハラ 空中モノ

シロハラの空中モノです。(笑)
 
遠かったのでトマリモノはシャッター切らずにこれだけ狙いました。
これも面白いです。
 
トリミング縮小。
ISO 800
SS 1/2500
 
AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3
 
先日、今月は売り物が無いので臨時休業を多く取らせていただくと言いましたが、(笑)
まず、今週は15日、16日を通常の休業日に追加で臨時休業させていたたきます。
  野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像

2017年3月8日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, BORG 77EDⅡ, カワセミ, 野鳥

■ 鹿児島県 Hさん カワセミ他 AFボーグ71FL AFボーグ77EDⅡ

先日より71FLが品切れしておりましたが、90FLも品切れしてしまい、開店休業状態になりました。(笑)
 
今月は昨日も言いましたようにヤマセミ、カワセミの良い時期で、
渓流釣りも今月が各河川とも解禁月です。
 
丁度良い機会でもあり、勝手ではございますが、今月は臨時休業を多く取らせていただきます。
 
パーツのご注文は通常より2~3日お時間を頂くこともあると思いますがご了承ください。
 
今日の画像は鹿児島県 Hさんから2月27日のミサゴの画像の先に頂いていた作品です。
ご紹介が大変遅くなりました。
 
——————————————————————–
Hさん
 
今回も写りはいまいちですが久しぶりにコゲラとシロハラ、ホオジロを撮りました。
コゲラ、ホオジロは71FL+FAF1.7+№2+K-3で撮影。
カワセミ、シロハラは77EDⅡ+FAF1.7+№4+K-3で撮影しました。
 
——————————————————————–
 
ISO 400 、 SS 1/640
ISO 400 、 SS 1/1250
ISO 400 、 SS 1/640
ISO 400 、 SS 1/400
ISO 200 、 SS 1/500
 
1枚目は 等倍です。
他はノートリ縮小
カワセミの画像
野鳥の画像カワセミの画像野鳥の画像野鳥の画像

2017年3月6日(月)

AFボーグ, BORG 71FL, ヤマセミ, 野鳥

■ 北海道M.Mさん 作品 AFボーグ71FL。

北海道M.Mさんから頂いた作品です。
 
M.Mさんは71FL、AF+250D、K-3ii手持ちで撮られていて、
「この組み合わせだとオートフォーカスの利きもよく、割と簡単に、ある程度の
写真が撮れるので、それなりに満足してきました。しかし、「ある程度」以上の
写真がなかなか撮れません。」
特にヤマセミが距離があって厳しいということで90FLをお買い上げいただきました。
 
私も鳥撮り始めたころは、散歩がてら手持ちでブラブラと楽しめたらと思いました。
そういうスタイル、それはそれで良いのですが、
しかし歩いて行ったら、まず鳥は逃げますし、撮った写真は小さいわ、ブレてるわで
結局は楽しめません。
今では殆どしなくなりました。
 
71FLの良い所は軽くて手持ち撮影可能なところですが、やはり望遠撮影は基本は三脚使用です。
 
90FLで短縮せずにAFアダプターで35mm換算1275mmです。
もし、ヤマセミを1275mmで撮っていたらどれぐらいにの大きさに写ったかと一枚目の写真をトリミングしてみました。(二枚目)
ヤマセミはなかなか解像感が出ないですが、これぐらいの大きさで等倍でびしっとくればかなり解像感でると思います。
 
AFは短縮有と無しでは大きく違いますので、AFの効き、合い具合、ブレも71FLで短縮したのとは格段に違いますが、
それでも90FL1275mmなら実用的です。
1300mmぐらいまでが限度かなと考えます
 
89ED(600mm)にAFアダプターで35mm換算1530mm、ライブビューAFでもかなり歩留まり落ちます。
(大きく写っただけの羽毛の甘い画像ならなんぼでも撮れますが)
 
一度125SDにAF1.7ライブビューでカワセミのどアップやヤマセミをとも思うのですが、なかなか大層でその気になりません。
鏡筒が長いと人間がテントに入れないこともあるのですが。(笑)
 
——————————————————————–
M.Mさん。
 
この一年、できるだけ手持ちで撮りたかったので、71FLをずっとAF+250Dの
形で使ってきました。上の写真はすべてそれで撮ったものです(カメラは
IMGP2235(8枚目)のみKP、それ以外はK-3iiです。KPは、高感度につられてつい
買ってしまいました)。
 
この組み合わせだとオートフォーカスの利きもよく、割と簡単に、ある程度の
写真が撮れるので、それなりに満足してきました。しかし、「ある程度」以上の
写真がなかなか撮れません。
特に、ヤマセミは撮るときには距離があり、なかなかコレという写真が撮れ
ません。この一年でヤマセミは数千枚撮ってきましたが、せいぜい今回見て
いただくような写真が関の山で、やはり三脚を使ったもっと本格的な撮影に
ステップアップしないと、藤野さんのようには撮れないんだなと、つくづく
感じております。
 
——————————————————————–
 
ノートリ、縮小。
    ヤマセミの画像ヤマセミの画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像ヤマセミの画像

2017年3月3日(金)

AFボーグ, BORG 71FL, カワセミ

■ AFボーグ71FL カワセミ

最近、妙なお問い合わせが続きましたので、(笑)
 
「攻略! デジボーグ」のページのヘリコイド、BU-1他の説明を取り敢えず追加しました。
 
さらに明快に分かり易く説明していきたいと思います。
 
しょうもないトビモノの画像がたまってきます。(笑)
 
ホバリングしてくれたのですが暗くてダメでした。
(三枚目はホバではないですが。)
 
AFボーグ71FL
     
ISO 1250
SS 1/1600
カワセミの画像カワセミの画像カワセミの画像

2017年3月1日(水)

AFボーグ, BORG 71FL, カワセミ, 野鳥

■ 岐阜県Oさん作品 AFボーグ71FL

岐阜県のOさんから頂いたカワセミ他の作品です。
 
Oさんは89EDを購入頂いた後、71FLを購入いただきましたが、今回は71FLの作品ばかりです。
「お客さんの作品ページ」にアップさせていただいたOさんの作品には89EDのカワセミのダイブもあります。
 
年明けに71FLを購入いただいた静岡のお客さんも以前に89EDを購入いただいていますが、
「71FL使ってますが手軽に持ち出せて写りも良いので毎日持ち歩いています。」ということです。
 
私も先日偶然ミサゴのドアップを撮ることが出来ましたが、三脚を使える状況では無かったので71FLでなかったら撮れていませんでした。
 
オオマシコの画像が青みが強かったので、ポイントツールでホワイトバランスを修正してみました。
 
——————————————————————–
Oさん
 
岐阜県のOです。寒い季節もなんのそので、冬鳥の撮影に
励んでおります。その間カワセミ君の撮影はお休みしております。
 
2016年のお客さんの作品に、3点も掲載されていまして、驚いておりますとともに
ありがとうございます。今後の励みになります。ほかの方の作品と比べますと
少し恥ずかしくなってしまいます。いつかは藤野さんのようなスカッとした透明感のある羽毛の
超高解像写真を撮れることを目標に、日々山野をうろついております。
 
「カワセミとヤマセミの探し方、写し方」のPDFを希望します。
ちなみにまだヤマセミは見たこともありません。
 
修行途中の写真を送らせていただきます。アドバイスが頂ければありがたいです。
 
添付写真のデータ
カワセミ AFBORG71FL 250Dなし K3  ISO400  1/2500sec
 
オオマシコ AFBORG71FL 250Dあり K3  ISO400  1/320sec
 
ジョウビタキ♀ AFBORG71FL 250Dあり K3  ISO800  1/1600sec
 
ルリビタキ♀ AFBORG71FL 250Dあり K3  ISO800  1/1600sec
 
ルリビタキ♀2 AFBORG71FL 250Dあり K3  ISO800  1/1600sec
 
ルリビタキ♂ AFBORG71FL 250Dあり K3  ISO800  1/1600sec
 
全てカメラの露出はMモードで、RAWのみで撮り、ピントはAFに頼っており、LightRoomにて現像しております。
 
——————————————————————–
 
カワセミのみ三脚撮影。
他は手持ち撮影だそうです。
 
カワセミは等倍、他は1/2縮小。
  カワセミの画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像

2017年2月27日(月)

AFボーグ, BORG 71FL

■ 鹿児島県Hさん作品 ミサゴの凄い画像 AFボーグ71FL。

鹿児島県Hさんから頂いたミサゴのの作品です。
 
1枚目、凄いです。
羽を広げたミサゴがノートリで丁度いっぱいいっぱいです。
 
等倍でアップしました。
ノートリです。
 
他はノートリ縮小。
このピント来てたら凄かったでしょうね。
 
私もヘリコイドとMMF-1を併用したこともありますが、
ヘリコイドを前につけるとブラインドの窓から手も見えてしまいますので、車やテントで三脚を使う場合は最近は71でも80鏡筒でLMF-1です。
 
やはり操作は一つにするともたつかずに早いです。
 
またチャンスがあるのでは。
 
ISO 200 SS 1/640
ISO 200 SS 1/800
ISO 200 SS 1/800
ISO 200 SS 1/640
 
——————————————————————–
Hさん
 
お世話になります。
 
今回もカワセミ狙いで71FLレンズに60鏡筒でヘリコイドⅢとMMF-1をセットし
近距離から約7~8m位までの距離にピントを合わせて待機。
 
すると少し離れたところで「ドボン」と大きな音が…
見ると水面で羽を広げたままのミサゴ。
慌ててヘリコイドⅢとMMF-1でピントを合わせ直し、水面のミサゴ1枚は撮れましたが
自分の方へ向かってくるミサゴに対してMMF-1でピントを合わせる事を忘れてしまいピンボケ。
 
80鏡筒でLMF-1を使用していたら、もしかしてすごくいいのが撮れてたかも?
悔しいですね。
ピンボケのミサゴも含めアオサギ、カワウの写真も添付します。
 
写真は71FL+FAF1.7+№4+K-3です。
枚数が多くて申し訳ありません。
 
——————————————————————–
野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像野鳥の画像

2017年2月26日(日)

BORG 71FL, 野鳥

■ 静岡県 Mさん作品 ジョウビタキ BORG 71FL

今日はヤマセミを見回ってきました。
やはり見つけ易くなっています。
 
久々にヤマセミの声を聞きました。
ええ声です。(笑)
 
鹿児島県Hさんから笑ってしまうほど凄い画像を頂いています。
明日ご紹介します。
 
写真は静岡県 Mさんから頂いたジョウビタキです。
 
「お客さんの作品ページ」に去年分のユーザー作品をアップさせていただきましが、
Mさんの作品も何点かアップさせていただいています。
 
中でも親燕が電線で待つ子燕に給餌するシーンは良く写ってます。
 
BORG 71FL  PENTAX K-3 II
ISO 200 SS 1/800
ISO 200 SS 1/250
80%に縮小。
野鳥の画像野鳥の画像
野鳥の画像

2017年2月23日(木)

AFボーグ, BORG 71FL

■ 「お客さんの作品ページ」に去年分のユーザー作品をアップしました。

「お客さんの作品ページ」に去年分のユーザー作品をアップしました。
 
予定の60作品を大幅に超えて100作品になりました。
 
有難うございました。
 
優秀作発表は後日になります。
 
P.S. 今回は高解像カワセミ作品がぐんと増えています。
       アップしなかった画像にも高解像のものが沢山あります。
   
今年は何でもトビモノ狙おうと思います。(笑)
 
AFボーグ71FL No3 PENTAX K-3
野鳥の画像野鳥の画像

2017年2月21日(火)

BORG 71FL, 野鳥

■ ミサゴのどアップ 残り物 BORG 71FL

先日のミサゴのどアップの日の残り物です。
 
ミサゴがゆっくり空を飛んでいる写真はノートリは別として、トリミングするような大きさならトマリモノみたいなものなんで、
うちの経理部長でも結構撮ってます。
 
しかし、トマリモノはミサゴが遠くに止まっているところしか見たことがなく、カワセミのようにブラインドに入って待てるような止まり木もなく、近距離の画像はまず無理だと思っていました。
ところがこのチャンスはびっくりしました。
 
最初一枚目の距離から撮って段々近づいて行きました。
 
最後は水面めがけて急降下したのですが、ふわっと浮いてくるっと回って飛び去りました。
 
大きい鳥は飛び立つ時の動きが分かり易いんで最初は飛び出し後の絵が撮れないかと思っていましたが、近寄るにつれミサゴの全身が入らなくなってきて途中で絶対無理と諦めました。(笑)
 
ISO640 SS1/3200
ノートリ
ミサゴの画像ミサゴの画像ミサゴの画像ミサゴの画像ミサゴの画像ミサゴの画像ミサゴの画像