解像力の見分け方 / カワセミと野鳥の写真撮影日記「ブレずに行こう!」
野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像 野鳥・カワセミ画像

「ブレずに行こう!」

カワセミと野鳥の写真撮影日記

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

menu

ON_OFF

2018年7月27日(金)

解像力の見分け方, 野鳥

■ 「解像力の見分け方」のページにアニメ追加

2018年5月23日(水)

 

「解像力の見分け方」のページにアニメ追加しました。

11枚の画像を使いましたが、10枚超えるとこれまでのやり方だと不都合が出てきて、これまでアップした分も後でごちゃごちゃにならないようやり直しました。これで何とか完成か?(笑)

 

今日は画像だけでなくページの一部をアップしてみました。

「攻略! デジボーグ」のページや新し作るQ&Aのページなどにこの方法でブログに少しづつアップしていきます。

ワードプレスはどうにでもなる感じで面白いです。

解像力の見分け方

解像力の見分け方のページです。

野鳥撮影で解像の見極めは大切な点です。

ボーグを使って行く上でも大切です。
また、自分の撮影した写真も見極めができてこそ上達できます。

今はネツトでブログ等で発信された作例を見れる時代ですが、
人は自分の買ったレンズは褒める傾向があります。 結局はサクラみたいなもんです。

メーカーも同様です。
自社製品は何でもかんでも絶賛するメーカーもあります。

どう見ても写ってない写真を貼って絶賛しているようなページは信用できません。

( えっ!!!  ボーグもってか・・・?(笑) )

当然のことですが、そんなページで薦める機材、薦める撮影方法、その他の記事も信用できません。
一事が万事です。

よく見かけるのが、コメントは褒めたたえているのですが、貼っている写真を見るとどうも写っていない。あれっ?と感じる方も多いでしょう。

特に鳥が大きく写った写真は、甘い画像の見分けがつかないようで、解像していると勘違いしている人が多いようです。
また、小さく縮小した画像でレンズの解像力の評価など出来るわけがありません。

ネットは書き放題ですので、見る側の責任です。

そこで、自画自賛コメントに騙されない「見極め力」が必要です。

というわけで、「解像力の見分け方」です。


カワセミ画像
カワセミ画像


2016年10月12日(水)

解像力の見分け方, 野鳥

■ 「解像力の見分け方」画像

 
ようやくお天気が良くなってきたので、ヤマセミとカワセミの様子を見に行ってきました。

 

皆さん元気に飛んでます。

 

道中、弁当を買ったところで、なぜかカワセミの話になって、ヤマセミの話も出て、ここにヤマセミが居るよと川へ入る道を教えてもらったので行ってみると、なんと丁度二羽止まっていました。(笑)

 

ヤマセミを見て今日は思い出したように以前撮ったヤマセミの居眠りの動画を編集しようと始めたのですが、慣れない動画で時間がなく今日はアップ出来ませんでした。

 

で、先日用意していた「解像力の見分け方」にアップする画像です。

 

野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像


2016年10月3日(月)

解像力の見分け方

■ 「解像力の見分け方」風切り羽の写り

 

30日にカワセミの風切り羽の写りの比較をしましたが、今日の画像は他の野鳥の風切り羽のトリミング画像です。

 

それほど写り難い部分では無いのですが、写り易い部分とは違い、潰れやすいです。

 

上から

 

キビタキ
アオジ
スズメ
ミヤマホオジロ メス
ミヤマホオジロ オス
ツグミ
キセキレイ
ホオジロ
メボソムシクイ

 

野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像野鳥画像


2016年9月30日(金)

カワセミ, 解像力の見分け方

■ 「解像力の見分け方」 写りの悪い作例

昨日の画像の一枚目のまずまずの画像と、

 

写りの甘い二枚目の画像です。

 

昨日の三枚目はさらに写りが悪いので今日は扱いません。(笑)

 

7日にアップした画像の黄色で囲んだ部分の比較です。

 

どちらも等倍トリミング。

 

一枚目と比べると二枚目はかなり甘い画像と感じられると思います。

 

近距離で大きく写った画像なので、二枚目の写真でも羽毛は写っているように思われる方もおられると思いますが、こんな写りで少し距離のある画像ならべた~っと甘い画像になると思います。
 
カワセミ画像
カワセミ画像

2016年9月29日(木)

カワセミ, 解像力の見分け方

■ 「解像力の見分け方」 写りの悪い作例

7日にアップしたカワセミの画像と同じ日に撮った写真のうち、写りの悪い作例です。
ブレのためだけではなく、ピントの合っている位置の問題もありますが。

 

後日部分的に比較します。

 

一枚目がそこそこ解像した写真。

 

二枚目は写りの甘くなった写真。
こんな写りではレンズの解像力云々は言えません。

 

三枚目はさらに写りの甘い写真。
こんな写真でも小さく縮小すればどうにか見れます。(四枚目)

 

四枚目、ノートリ縮小。


カワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORGカワセミ画像 BORG


2016年9月7日(水)

解像力の見分け方

■ 「解像力の見分け方」

新しく「解像力の見分け方」カテゴリーを作成しました。

 

解像の悪い作例等をアップしていくと言いながら、なかなか作成が遅れていた「解像力の見分け方」のページですが、

 

ようやく更新して行く段取りとなりました。 

 

今日の写真は、カワセミの写り易い部分と写り難い部分の例です。
(写り易い部分の例です。この作例のその部分が写っているということではありません。)

 

青色  少々写りの悪いレンズや、ブレやピントが悪くても余程でない限り写る部分です。

 

黄色  ピントやブレをある程度適正に対処出来れば写る部分です。

 

赤色  しっかりピントを合わせて、ブレも抑えないと写らない部分です。

 

上記のようなかたちで、野鳥別に写り易い部分と写り難い部分。また、大きく写っただけの写りの悪い画素などの作例をアップして行こうと思います。

 

解像し易い鳥や、解像し難い鳥。解像力の悪いレンズや、撮影が悪くても写る部分や、簡単には写らない部分など、

 

ブログにアップしながら「解像力の見分け方」のページを更新していきます。



カワセミ画像 BORG